ホーム > ブログ

2009 年 6 月 のアーカイブ

ロッテ・内定者インタビュー ~面接は毎回ワクワクしていました~

2009 年 6 月 17 日 水曜日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今回はロッテ内定者の深野隆也さんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

内定先のロッテは誰もが目にしたことのあるメーカーですが、文系の人はほとんど営業です。

営業ってなんだろう?その魅力を色んな人に語ってもらって就活しました。
挑戦意欲にあふれた素敵な会社です。

-内定先のロッテという会社、メーカーという業界の事業について教えてください。

メーカーはこんなモノ欲しかったな~とか人々の心に響くような商品を企画して作ります。

ロッテの場合、『ガムは虫歯のもと』という既成概念をキシリトールガムの開発で覆したり、飲むアイス『クーリッシュ』などで人々の楽しい生活に貢献していますね。

しかし注意したいのは、文系の学生はこういった夢にあふれた商品を『作る』のではなく『販売』がが主な仕事です。大企業の場合、商品企画に回れる人は一握りであり、『販売』で結果を残すことが望まれるのです。

販売先は問屋さんや小売店さんです。販売先=お客様のハートをつかむことで(最も難しいことだそうですが)売り上げをのばし会社に貢献するのが販売=営業のお仕事です。
販売で結果を残せない社員は、商品企画の夢はおろか会社で生き残れないようです。

お客様のハートをつかむって何だろう?難しいことですが、『自分オリジナル、自分で考えて行動すること』でお客様に商品を取り入れてもらえるようにアプローチしていき、認めてもらうことがこの仕事の魅力かもしれません。

-なるほど。会社の雰囲気はどんな感じですか?

OB訪問によると、楽しく熱い社員さんが多いようです。帰宅時間は早くないし、仕事は大変ですが非常に仲間同士の雰囲気が良好なので苦痛にならないそうです。
土日はほとんど休みだそうです。OBの方は趣味のサッカーをしています。

-大学時代はどんな事をされていましたか?

『健康』と『楽しさ』が学生生活を越えて22年の人生のテーマです。

1:健康とは
・自分自身生涯学校を休みませんでした。
・食育に興味をもち、勉強したり実践したりしました。
・親のタバコをやめさせるなど人の健康にうるさかったです。

2:楽しさとは
・3限前の昼休みにジェットコースターに4回乗るなど、遊びに全力を注ぎました。
・旅行や合宿を毎回企画し、経験や勘を武器に友人たちがいかに楽しめるかを追求していました。
・フルマラソン挑戦も、いかに苦しみを楽しみに変えるか追求していました。

-なるほど。すごくイキイキと生活されてきたのがよくわかります。そういった経験はどのような形で、就職活動に影響しましたか?

健康と楽しさを追求できる会社で働けたらと思いました。
食品メーカーが中心になりました。

-現在、自己分析に悩んでいる就活生が多いようです。深野さんは自己分析やエントリーシートの作成を行う中で、辛さ・苦しさ・難しさを感じることはありましたか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

苦しかったです。

自分の武器って何だろう?
自己分析は自分の武器探しです!
私はこんな武器があるから、貴社で働きたい!と自信をもって言えるように自分の人生を振り返りましょう。

私は20種類くらい武器がありましたが、どれも弱かったので、苦労しましたが、自分の人生のテーマは『健康』と『楽しさ』であることを確立し、そのテーマなら誰にも負けたくないと、面接で語りました。

-なるほど、20種類くらいあった武器がその2つに集約できたということですね。就職活動を行う中でやっていてよかったと思うことはどんなことがありますか?

・大きめのスケジュール帳を買うことで、非常に時間管理がうまくいきました。
・Suica、パスネットは絶対必須です。東京ビッグサイトで行われる合同説明会では駅精算だと大行列でかなりの時間待たされます。
・朝のニュースを見たか、時々問われるので対応できるようにした方がいいと思います。
・私のこの文章事態うまくいっていないので説得力はありませんが、自分の意思を相手にわかりやすく、簡潔にて伝えることを心がけました。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生にアドバイス・メッセージを御願いします。

就活は、慣れないスーツや筆記試験などつらい部分もありますが、多くの業界の年上の方々とコミュニケーションができるまたとない楽しい機会です。
私は面接は毎回ワクワクしていました。楽しんでる人は面接でも 明るい人だな、人柄がいいなと判断されますよ。

そして後は貴社で仕事がしたい『熱意』を込めれば 良い結果が出るはずです。
例え志望度の高い企業が 落ちてしまっても その会社とは 縁がなかった、その会社に入っても私は活躍できない、人間関係うまくいかないなど勝手に最悪のシナリオを描くぐらいの気持ちで 他の選考に前向きに挑戦してください。

-なるほど、前向きさと気持ちの切り替えは本当に大事なようですね。深野さん、お話ありがとうございました!

キーエンス・内定者インタビュー ~人の繋がりはお金じゃ買えない~

2009 年 6 月 14 日 日曜日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今日はキーエンス内定者の持田洋平さんにお話を伺いました。それでは持田さん、よろしくお願いします。

大学時代には、工事現場や外資系消費者金融での回収業務などの経験や
インターン(ケンコーコム・リクルート・リンクアンドモチベーション・
シティグループ・ジースタイラス☆)を通じて「働く」ということを考えました。

結果、多くの人生に触れることができ、本当の自分らしさと
「自由で楽しい」と感じる環境を考えることができました。

最終的な決め手は
・自分の力で勝負できる
・時間の濃さ
・先を生きていたい(成長と報酬)
ということでした。
 
-では初めに、内定先のキーエンスという会社の事業、 雰囲気などについて教えて下さい。

事業は、簡単に言うとセンサーを作って売ってます。
しかし「センサーって自動ドアでしょ?」って思った人。違いますよ~!

製造現場を始め、スペースシャトルの中だったり、F1カーにもついています!技術革新になくてはならないものがセンサーなんです!

雰囲気は、
「オープンマインド」
実力評価主義であるため、学歴に縛られずに自由に頑張れます!

「接待一切無し!」
どこでも行われている接待ですが、キーエンスにはそれがありません。
本当の営業力(交渉能力)を磨けます。

「21時45分までしか仕事してはいけない。」
長い時間仕事する人が優秀ではなく、時間内できっちり終わらせることができる人が優秀な人です。土日祝日も絶対休みです。(土曜日は年数回出勤あり)

「平均年収1333万」
上の中で成果を挙げられる人にはしっかり評価してくれます。
1年目から1000万超える人もいるらしいです。
更に、会社の利益を社員に還元するボーナスシステムもあります。
税金や内部留保に回すより、社員に投資するという考えからです。

-持田さんは、入社後どのようなお仕事をされるのでしょうか?

コンサルティングセールスです。
営業先は病院(医療機器)、研究施設(顕微鏡など)、工場(センサーなど)、
飲食業界(バーコードリーダー)です。
飲食業界だと、レインズの運営している牛角などで使われています。
相当アタマを使った営業をするみたい。働くのが楽しみです!

-先ほど最終的な決め手を3つ教えていただきましたが、 キーエンスのどのようなところにその3つを感じられたのでしょうか?

まず
・自分の力で勝負できる
という点は社風からです。「オープンマインド」という言葉が本当に浸透している会社だと思います。学歴や、ある程度の年齢も関係無く勝負できるというのが自分にしっくりきました。

・時間の濃さ
昨年の11月に自己分析合宿に参加した時に実感しました。ここに関してはkeyday360や、説明会でも体感できるはずです!無駄の無い1泊2日の中で本気で成長していると感じました。

・先を生きていたい(成長と報酬)
上にある時間の使い方が関係しています。最近、「人生残り60年しか無いのか。もっと頑張ろう!」と思います。キーエンスでの時間の使い方をマスターできれば、普通に生きたら60年の所を体感120年になります!

そして、報酬。
「40歳で1000万貰えたら稼いでる社会人だよ」という言葉を他の会社の方から就活中に聞いた時、とてもつまらなく感じました。
それと同時に、25で1000万以上稼いだら普通の人より15年早く生きられる!と思いました。合計すると155年。先を生きます!

-インターンをたくさんされていますが、就職活動には役立ちましたか?特に参加して良かったインターンについて、どう役立ったのかなど聞かせてください。

どれも役に立ったけれど、一番って言われたら去年の9月に行われていたキーエンスの自己分析合宿が良かったですね。

自分を追求することができたし、そこでできた仲間が何よりも最高でした!
キャラは濃いし、優秀なヤツばかりです。

キーエンスに来るヤツもオレ以外に2人いるし、他にはアクセンチュア、朝日新聞、ロレアル、リクルート、キー局…みんなスゴイ社会人になるだろうなぁ。今でも月1で飲む仲ですよ!

あ、今年もやるらしいので是非参加してみてください!

http://www.keyence.co.jp/jobs/fresh/keyday360/index.html

-インターンを選ぶコツがあればお教えいただきたいのですが、何かありますか?

コツは無いと思います。
説明を聞いて、自分で「面白そう!」「やりたい!」って思ったらすぐに参加した方がいいです。

結局悩んでて締め切りって話はよく聞きます!
やらないで後悔だけは絶対にしないでください!!!

-今もインターンをされているとか。 学生生活最後の一年ですが、そんな中ジースタイラスでインターンする事を選ばれたのはなぜなのでしょうか。

ジースタイラスを通じて多くの人に知り合えるからです。
大学生もそうだけど、社会人なんかも。
多くの魅力的な人が集まっていますよ!あそこは。

-アルバイトも、消費者金融や工事現場など、かなり珍しい経験をされていますね。 そこで得た経験は、どのように就活に活かされたのでしょうか?

「生きる」ことに対してよりストイックになれました。
世の中見えてないだけで本当に目標もなく苦しく生きている人がたくさんいるんです!
結局「必死になって頑張ってメチャクチャ楽しく生きてやろう!」って思いましたよ。

-就職活動中にやっていてよかったと思うことはどんなことがありますか?

多くの人に労力考えずに会うことです。
就活中に合計1000人以上の人に会いました。
一緒に飲んで朝まで語ったり、世の中に憤りを感じて共鳴したり。
それが今、一つ一つ輝いてます。

何をするにも大きな力になってくれます。
人の繋がりはお金じゃ買えないという意味が理解できました!
今でもそれはライフワークになっています。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生、そしてキーエンスを受験したいと考えている就活生にアドバイスやメッセージを御願いします。

絶対にして欲しいことがあります。
「自分の今知っている企業だけで就活しない」ということです。

みんなが今知っている企業は、BtoC取引をしている企業が殆どです。
世の中にはもっと輝いてる企業がいっぱいあります。
僕にとってはそれがキーエンスでした。

-持田さん、インタビューご協力ありがとうございました!

富士ゼロックス・内定者インタビュー ~『目的意識』を持つことが大切~

2009 年 6 月 7 日 日曜日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

- 内定者インタビュー、今回は富士ゼロックス内定者の西村文晶さんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

私は大学院で化学を専攻していましたが、文系職が向いていると
自分や周りから思われていたので、文系理系両方で幅広く就活をしました。

就活の軸は、『理系での経験を文系職にも生かす』事でした。

希望の会社になかなか内定が出ず、辛い次期もありましたが
最終的には納得のいく就活をすることができました。

就活を通じて様々な人と出会い、自分を成長させることができました。

-内定先の事業内容について教えていただけますか?

複写機、情報、通信機器、情報処理システム、通信システム、電子デバイスなどの
研究・開発・製造・販売・サービスなどを行っています。

最近ではセブンイレブンでカラーコピー機をよく見かけると思います。

-内定後どのような仕事をされるのでしょうか?
またどのような仕事を希望されていますか?

知的財産関連の職に就きます。職種別の採用だったので、
実際の仕事をイメージして選考に臨めました。

-内定先の雰囲気はどうでしょうか?

研究所見学や説明会を通じて、社員の方々一人一人の自主性や個性が強く、
またそれらが尊重される雰囲気だと感じました。

-西村さんは富士ゼロックス以外にも、メーカーや金融など、多くの企業から内定をいただいていますが、最終的に富士ゼロックスへの就職を決めた理由を教えて下さい。

理系での経験で知った『ものづくり』の魅力を生かし、
世の中に技術を広めたいと考えたことと尊敬できる社員の方が
いらっしゃったことが決め手となりました。

-文系職が向いていると、周りからも、ご自分自身でも思われていたということですが、具体的にどのようなところが文系職に向いていると思われますか?

サークルなどの経験を通じて得た、より広く多くの人々と関わりながら成果に
つなげることが得意だった点だと思います。
大学院での研究でも実験をするより、学会でプレゼンやディスカッションを
している時の方が楽しかったです。理系っぽくないとよく言われましたし(笑)

-希望の会社になかなか内定が出ず、辛い時期もあったということですが、その時期をどのように乗り越えられたのですか?

自分がどの会社、どんな仕事に向いているかを考えながら、
がむしゃらに活動したという感じです。全力で就職活動をする中で
自ずと進むべき道が見えてきた気がします。

最終的には6月終わり迄活動しましたが、今振り返るともっとメリハリをつければ
良かったと思います。

-どのようなインターンを経験されたのですか?またインターンから得られたものは何ですか?

様々なメーカーの1dayインターンを経験しました。
世の中には本当に色々なものやサービスを作りだす企業があることを
知ると共に、会社の雰囲気を感じることができました。
また、多くの就活仲間とも出会えました。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生にアドバイス・メッセージを御願いします。

就職活動では常に『目的意識』を持つことが大切だと思います。
何をするべきか、今後どうするべきかを常に考えていると、
良い結果が出ると思います。

あとは、就活での選考や就活仲間との出会いを楽しんでしまう位の
気持ちで臨むと気が楽になりますし、充実した活動が出来ると思います。

うまくいかなくても決して最後まであきらめないで頑張ってください!!

-西村さん、ありがとうございました!