ホーム > ブログ

‘【2010向】インターンシップについて’ カテゴリーのアーカイブ

グループディスカッション対策

2008 年 12 月 27 日 土曜日

さて、テクニック編最後のグループディスカッションです。

【そもそもグループディスカッションとは?】
今回はグループディスカッションについてです。
まず、これはどういったものなのでしょうか?
字面の通りですと「グループでディスカッションを行う」わけですが、気を付けて欲しいことは、

「ディベートとは全く違う」

ということです。
ディベートは、ある立場と反対の立場を前提として、議論をぶつけ合うものです。
グループディスカッションは、一つのテーマに関して皆で一つの結論をまとめあげるものです。
前者は、相手の意見を退けて自分の意見を認めさせる色が強いです。
対して後者は、対立する場合は「説得」「対話」「協働」といったプロセスが絶対です。

あくまでも皆で一つの結論にまとめあげるということを覚えておきましょう。
ちなみに、選考でグループディスカッションをやる前に、社員からこんな言葉が出ることがあります。

「全員が納得して一つの結論を出すこと」
「簡単に自分の意見を曲げないこと、安易に同意してはならない」

その通りですね。

【具体的なディスカッションの流れ】
さて、ではグループディスカッションの具体的な流れを見ていきましょう。
全体の流れはこんな感じになります。

Phase1 : 役割決め
Phase2 : 全体の流れの確認、時間配分等
Phase3 : 議論
Phase4 : まとめ&確認
Phase5 : 発表(※無い企業もあります)

もちろん、これは参考です。
その場に集まった学生たちによって、流れは当然変わってきますので柔軟に対応していきましょう。

【分相応】
では、実際の議論においては何に気をつけていけばよいのでしょうか?
これは人によって違ってきますが、少なくとも共通見解であろうことをあげておきます。
僕はそれを

「分相応」

と呼んでいます。
つまるところ「出来ないことはやるな、出来ることだけを全うしよう」という考えです。
チームにおける議論では、和を乱すことが最もNGです。
大体の場合、和を乱す人は数タイプに分かれますが、意図的に乱す人は論外なのでここでは除外します。

出来ないことをしようとする人は、自分のことでいっぱいいっぱいになって周りが見えなくなります。
結局、和を乱すだけで、何も出来ずに終わるのです。
何よりも分相応、これが重要です。

個人的にはグループディスカッションは得意だったので、語りたいことは一杯あるのですけど(笑)、ブログは短いですね、また機会があれば~♪

インターンシップ用の面接対策

2008 年 12 月 27 日 土曜日

インターン関連のイベントは6月から開始されます、参加したい学生さんは定期的にチェックしていきましょう。
外資も6月ころから募集を開始しますよ~♪

さて、テクニック論ばかり語るのはあまり好きではないのですが、とりあえず上げておくべき記事というものはあるのですね。
インターンシップ自体の詳細はもう少しお待ち下さいな☆

【面接は入学試験のようなものと同じ?】
皆さんの中には、高校や大学の入試で面接を受けたことがある人もいるでしょう。
僕は見事に落ちたくちですがwww
その方たちの中には、「就職活動の面接もそれと同じでは・・・」と思っている人もいるのではないでしょうか?
(という以前に、面接の内容なんか覚えてませんかね、そんなの僕だけですか?ww)

一言で言ってしまえば、

「就職活動の面接は簡単な人には簡単、難しい人には難しい」

です。
ただ、今回はインターンシップの面接についてなので、そこに特化して語りましょう。

【インターンシップの面接】
企業によって訊かれることは様々ですが、大体の場合、

「学生時代に頑張ってきたこと」
「インターンシップへの参加動機」

の2本です、後者は企業数にして5割と思っておいてよいでしょう。
では、実際にどういった訊かれ方をするのでしょうか?
基本的には、エントリーシートと同じです。
例えば、学生時代にアルバイトをしていた人の場合、

「いつからやっているのか?」
「どんな感じで働いているのか?」
「普段、心がけていることは?」

要は、ESの自己PRのようなものを突っ込んで訊かれるわけです。
ただ、個々人によって突っ込まれ方が違うので、ここでどんなことを訊かれるのかを列挙することは出来ません。
もしかしたら、自分が普段考えていないことも訊かれるかもしれません。

では何を準備すればよいのでしょうか?
と、その前に、夏のインターンシップの面接通過者の実情を語ってしまいましょう。
暴露してしまいますと、インターンシップ選考通過者は、

「何かしら大きな体験をしている人が多いです」

僕は単なるアルバイトだったので、むしろ例外の方かと思います。
では大きな体験をしていないと通過出来ないのかというと、

それは100%間違いです。

ここに例外がいますので(笑)
具体的に通過者を分類してみましょう、そこには3つのタイプがあると言えるかと思います。

(1)大きな経験をして、かつそれを論理的に語れる人
(2)大きな経験をしてきただけの人
(3)何気ない体験でも、それを論理的に語れる人

ちなみに大きな経験とは、留学、全国大会、サークル代表、サークル立ち上げ、起業、学生団体、他のインターンシップ、スポーツ選手、歌手などなどです。

(2)は一見すると通過出来ないようにも見えますね。
本選考では勿論通過できませんが、実はインターンシップでは案外通過出来るのです。
その理由は時期的なものがあります。
この時期に面接が上手に出来る人など、むしろ少数派です。
企業側もそれは分かっています、ですのでこの時期に「しっかりと語れること」はあまり要求してきません。
(もちろん外資コンサル・金融や広告代理店とかになると別ですけどね)
逆にだからこそ、この時期に(1)や(3)に合致する学生は、企業から見ると凄く惹かれる人物なのです。

【論理的に語るとは?】
感情的に物事を語ることと論理的に語ることのどちらが簡単でしょうか?
もちろん人によるでしょう。
経験則では、大体の場合、面接という公的な場ですと圧倒的に後者が苦手な人が多いように思います。

では、論理的に語るとはどういうことなのでしょうか?
要は「自己分析の内容を端的に伝えきること」です。
自分のとった行動、その根拠、そこで考えたこと、学んだこと、足りないと気付いた点、それらを整理して、きちんと伝えることです。
具体的に気をつけることとしては、

・相手の質問の意図を汲み取り違えない
・相手の意図に沿った回答をしっかりとする
・結論ファースト、理由セカンド
・ダラダラと話さない
・面接は対人コミュニケーションであることを理解する
・嘘をつかない

要はコミュニケーションの基本を押さえておくことです。
自分が誰かと話す時に「されて嫌なこと」「されて困ること」をしないことです。
といっても、普段から心がけている人の方が少ないことですから、これが難しいわけです。
誰も結論を最初に言うことなんて考えて日常会話してないでしょうし。

とはいえ、実際に面接をやってみて、どんなことを訊かれるのかを体験しなければ、分からないのが本当のところです。
そんな場を設けていければいいんですけどねぇ・・・(苦笑)

具体的な話はまた別の機会にでも。

インターンシップ用のエントリーシート対策

2008 年 12 月 27 日 土曜日

さて、今回はインターンシップ選考の一つ、エントリーシートについてです。
選考には3つありましたよね、覚えていますか?
(何でしょうね、この小学校的なテンション(笑))
今回はエントリーシートの書き方について書いていきます。

【そもそもエントリーシートって???】
エントリーシートは、企業が用意したテーマについて、学生が限られた字数で自分なりの回答を伝えるというものです。
テーマは主に

「学生時代に頑張ってきたこと」


です。
他にも企業が用意した独特な質問がありますが、基本的にはこのテーマが主です。

インターンシップのエントリーシートで重要な点は、主に二点あります。
それは

1:結論ファースト、理由セカンド

2:PDCA

の2点です。
他にも沢山ありますが、まずはこれくらいで十分です。

【結論ファースト、理由セカンド】
これは「文章の最初に結論を、そしてその次に理由を書く」というものです。
もっと言うと、「言いたいことを最初に持ってくる」書き方です。
これは、文章を分かり易くするために必要なことです。

重要なのは「主旨をハッキリと伝えること」です。
皆さんもウダウダ前置きがあってから結論を言われても、何を言っているのか分かりせんし、正直ウザイですよね?(笑)
企業の人もウダウダ書いてある文章は読みたくありません、それ以外の仕事でも忙しいですからね。

【PDCA】
こちらはかなり重要なので、かなり長く行きます、ご覚悟をwww

例えば皆さん、次の文章を読んでみて下さい。
「私は学生時代に居酒屋のアルバイトを2年間頑張ってきました。また大学の授業もさぼらず、しっかりと勉強してきました。さらにテニスサークルでも一生懸命練習して、大会でも好成績を残せました」

皆さんはこの文章を読んで惹かれますか?
これは単なる事実の羅列に過ぎず、ほとんどの人が惹かれないでしょう。
彼が何を考えてアルバイトをしてきたのか、テニスサークルでどう頑張ってきたのか、そうした背景が全く見えないからです。
つまり、文章に厚み・深みがないのです。

エントリーシートに限らず、学生時代の経験をアピールする上で重要なのは、どれだけ多くのことをやってきたかでも、どれだけ大きなことを成し遂げてきたかでもありません。

「その活動の中で、何を考え、どう振る舞ってきたか」です。

例えば皆さんが企業の採用担当者であったとしましょう。
そこに二人の学生AさんとBさんから応募が来たとします。
彼らは共に旅行好きで「日本一周旅行」をアピールしたとします。
この時、Aさんは「頑張って日本一周旅行を達成しました!つらいときにも諦めずに頑張ってきました!」とアピールします。
対して、Bさんは「出発前にコースや泊まる宿、訪れる場所等をまとめて、スケジュール計画を立てて、実行に移していきました」とアピールします。

さて、皆さんならどちらの学生さんを採用したいですか?
企業の採用担当者は、確実にBさんを採用します。
仕事は根性論で突破できるほど甘いものではありません、一つずつ正確かつ迅速にプロセスを処理していくことが求められます。

「なぜそうした行動をとるのか?」「なぜその選択をしたのか?」

そうした「根拠」が仕事では求められます。

ビジネスはお金やリスクを伴うのだから、根拠も無く行動に移ることなど出来ません。

この「根拠」づけが「PDCA」という考え方です。

P:Plan(計画)

D:Do(行動)
C:Check(反省)
A:Action(改善)

から成り立っています。
エントリーシートはこの考え方が非常に重要です、逆に言えばこれがしっかりしていれば大抵の企業のエントリーシートは通過出来ます、これはリアルに本当です。
先の日本一周旅行では

P:旅行計画を立てた
D:実行した
C:途中でアクシデントなどがあった
A:その原因を分析し、対処した

こういった流れになります。
また、ここでも5W1Hの分析が重要になります。
P:これこれこういう旅行計画を立てた→WHY:何でそういった計画にした?
といった具合です。

ここではすべてを語り尽くせないので、今後に掲載していく実際のエントリーシートの回答例で勉強していって下さい。

では、次回は面接編になります。

インターンシップ用の自己分析

2008 年 12 月 27 日 土曜日

どうも、Dachinco!運営委員会の渡邉です。
こうして記事を書いていると、自分のインターンシップ体験を思い出しますね。
前日に飲み過ぎて、酒が抜けない状態で面接に行ったこともありましたねぇ♪
通過してなかったら笑えなかったですが(笑)

さて、今回はインターンシップの選考を突破するための「自己分析」なるものについてです。
そもそも「自己分析」とは何か、からいきましょう。

【自己分析って??? ~5W1H~】
自己分析とは、字の通り「自分を分析すること」です。
さて、いきなりなのですが、

自己分析に決まったやり方はありません!!

はい、すいません、でもこれが真実なのです。
先輩に訊いてみると分かると思うのですが、誰もが様々な自己分析法を持っています。
主な例ですと、

・自分の人生を振り返る(自分の歴史=自分史を書いてみる)
・もっともやり甲斐や達成感を感じた瞬間を書き出しまくる
・身の回りのものについて徹底的に考えて、自分の意見を持ってみる
・過去の成績表・通知表を持ち出して、先生のコメントを見る

他にも沢山ありますが、是非ご自身で調べてみて下さい。
共通するのは「自分に対する理解を深める」ということです。

ただ、インターンシップのための自己分析はそこまで力を入れなくても大丈夫です。
というか大学やサークルでも忙しい皆さんに、そんな時間はないでしょう(苦笑)
そこで、インターンシップ用の自己分析としては、

自身の活動についての「5W1H」

くらいを分析しておけば問題ないでしょう。
(中には分析しなくてもよいものもあります、例えばWHEREは別に必要ないです)
ここでは僕の事例を使って見ていきましょう。

僕は大学時代、学内のチューターアルバイトをやってきました。
パソコン関係の講義を補助するアルバイトで、今年で4年目になります。
これを5W1Hに当てはめてみましょう(かなり簡単にですが)。

WHEN(いつやっていた、どれくらいやっていた):
大学時代、3年間
WHERE(どこで):
×
WHY(なぜやっていた):
先輩への恩返しがキッカケ
WHAT(なにをやっていた):
講義の補助(学生の質問に対応したり)、
WHO(誰が、誰と):
自分、授業を行う先生、授業を受ける学生、アルバイト仲間
HOW(仕事において心がけていたこと)
省略(無駄に長くなるので)

大まかにはこうしたものです。

【それだけでは不十分??? ~深掘り~】
しかしこれでは少し不十分で、ここからもう一段行うことがあります。
それは「深掘り」です。
例えばWHYで言うと、

なぜ? →「先輩への恩返し」
なんで恩返しをしようと思った? →「自分が先輩に助けられて嬉しかったから」
なんで嬉しかった? →「初心者で分からないことが多すぎたから」
なんで初心者だった? →「パソコンに触れた経験が無かったから」

簡単に言えば、僕がアルバイトをやっていた理由は「恩返し」ではなく、詳しく言うと

「自分と同じようなパソコン初心者をサポートしたいから」

ということになります。
つまり
「表面的な理由」ではなく「根源的な理由」
を見いだすことが重要です、それが自分の本当の動機・思い・キッカケだからです。
これは簡単な例ですので、他の項目に関しても同様に、徹底的に深掘りして下さい

本選考は「学生時代に頑張ったこと」以外にも、あらゆることに関してこの深掘りのプロセスが重要になってきます。
時間のある夏の間に自己分析に慣れる意味でも、是非チャレンジしてみて下さい♪

インターンシップに参加するには?

2008 年 12 月 27 日 土曜日

こんにちは、Dachinco!運営委員会の渡邉です。

就活や卒論そっちのけでブログを書いてますwww

さて、前回はインターンシップについての概要を説明しましたが、今回はそのインターンシップに参加するためのプロセスについてです。

インターンシップに参加するための方法は、主に次のようなものがあります。

・就職情報サイトから応募

・企業ホームページから応募

・大学就職課から応募
★就職情報サイトからの応募

皆さんが就職活動を行う上で、絶対に欠くことが出来ないのが就職情報サイトです。

主には、

・リクナビ

・マイナビ

・エン・ジャパン

といったサイトがあります、調べて見て下さい。

各サイトは、6~7月になるとインターンシップ情報を開示し出すので(昨年の場合)、当該時期が近くなったら、定期的にチェックすることをオススメします。

★企業ホームページからの応募

主に、大手企業や外資系企業に多い傾向です。

就職情報サイトにもインターンシップ情報を併用掲載する企業が大半ですが、中には自社ホームページへのリンクに過ぎないものもあります。

特に外資系企業は、企業ホームページからの応募が大半なので(しかも時期が早い!!)、今すぐチェックしても早すぎることはありません。

★大学就職課からの応募

企業から大学に送られてきたインターンシップ情報もあります。

これは大学の就職課に行って確認するしかありませんので、ご自身で調べてみて下さい。

他にもNPO法人等が募集をしている場合もあります、調べて見て下さい。
【インターンシップ選考】

参加にあたっては、業界勉強もの以外は選好を課す企業が殆どです。

主には、

・面接

・エントリーシート(書類選考)

・グループディスカッション

の3つがあります。

面接とエントリーシートは、中身は大抵「学生時代に頑張ってきたこと」です。

ですので、一見すると簡単に思えるかもしれません、実際簡単な企業もあります。

自分が一番分かっているのは自分であり、それを語るor書くだけなわけですから。

しかし、実際はそう簡単にはいきません。

人気企業のインターンシップともなれば、生半可な自己PRでは参加資格を手に出来ません。

やはりそれ相応の準備というものが必要です。

そのために先輩たちは「自己分析」というものを積んできました。

次回はその「インターンシップのための自己分析」について書きますのでお楽しみに♪

楽しむものかどうかは微妙ですけどねwww

インターンシップとは?

2008 年 12 月 27 日 土曜日

こんにちは、Dachinco!運営委員会渡邉です。
これから主に、僕がこのブログを更新していきますので、どうぞヨロシク♪

大学が始まった方が多いかと思いますが、もうGWが恋しい人もいるのではないでしょうか?
僕はさっさと就活で疲弊しきった身体をダラダラさせたいです(笑)

さて、このブログはインターンシップを紹介していくわけですが・・・。

「そもそも、インターンシップって何???」

就活を意識し始めると必ず聴くこの「インターンシップ」という言葉、その中身について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?
まずはその説明からいきましょう。

【インターンシップとは?】
インターンシップというのは一言で言えば「就業体験」です。
つまり、仕事を疑似体験して、入社後のイメージを持とうというものです。
もっとも、仕事を体験する程度には企業によって差があり、単なる業界理解程度のものもありますので、参加する場合には目的に合わせて選ぶ必要があります。
(下記、【インターンシップの種類】参照)

最近、入社3年で新入社員の大半が辞めてしまう「新卒3年3割問題」なるものがあります。
その最大の原因は、これから皆さんが何度も耳にする「マッチング」という言葉にあります。
「マッチング」とは簡単に言えば、「企業と学生が双方のことをキチンと理解して採用を行うこと」です。
最近は知名度や人気に流されて就職する学生が多く、企業のことをあまり調べずに入社する学生が増えています。
そこでインターンシップという機会を設けて、学生に自社のことを深く理解してもらうことを目指しているわけです。

学生からしても、この機会を逃すのは勿体ないです。
インターンシップは企業の中身を知ることが出来る良い機会ですので、チャンスがあれば是非参加するのが良いでしょう。

【インターンシップの種類】
インターンシップの内容は主に次のように分けられます。

・就業体験
・事業立案(ビジネスコンテスト)
・業界勉強

就業体験は、その名の通り実際の仕事を体験します。
1日体験モノから長期に渡って就業するものまで、期間は様々です。

事業立案は、新規事業を立案するビジネスコンテストタイプのものが多いです。
具体的には「採用戦略を立案して下さい」「当社の新規事業を考えて下さい」といったものが大半です。
大体の場合、商品が付いています(笑)

業界勉強は、企業が属する業界についての理解を深める勉強会形式のものです。
グループを組んでワークを行うものが大半で、選考も無く手軽に参加出来るものが多いです。
(前者二つは選考を伴うものが大半です)

このようにインターンシップも、
企業によって行う目的が異なり、その内容も様々です。
中には企業から明示することはありませんが、選考に直結するものもあり、インターンシップでの好印象が内定に繋がるケースも多いです。
参加にあたっては、しっかりと調べてから臨みましょう。

2008年【成長志向学生必見】周りの大学生より一歩先に進む方法論!Dachinco!が送る勉強会☆

2007 年 12 月 27 日 木曜日

今日はちょこっと休憩して、イベントのお知らせです♪

これからこうしたイベントをちょこちょこどころか、結構な感じで開催していくので、
就活生は早めの友達づくりにもなるし、Dachinco!スタッフは就活の情報を沢山持ってます♪
(自分で言うことでもないですねwww)
1,2年生にとっても、大学では学べないリアルな社会人話が聴けるのでオススメです♪

■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□□

         4月26日(土) Dachinco!式
            grow up method開催!
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

こんにちは!就活支援団体Dachinco !運営委員会です。

Dachinco !は、今まで述べ10万人の就活を支援してきた、5年目の団体です!

さて今回、Dachinco !では、成長志向のみなさまへ向けた、

成長への一歩をリードするイベントを行います☆

【大学卒業の先にある目標とは】

【学生時代に人一倍成長するためには】

【社会で活躍できる人間になる方法を知りたい】

そんなことを考えてみたい、考えている、実行したい人はご参加ください!

https://ssl.formman.com/form/pc/vSUHt9pD2AG0ViWX/

就職活動、そしてその先を見据えた成長論を語り合い、

具体的な方向性を掴んでみませんか?

https://ssl.formman.com/form/pc/vSUHt9pD2AG0ViWX/

◆日にち : 4月26日(土)

◆時間 : 13:30~16:00

◆場所 : 株式会社ドリコム会議室

(東京都渋谷区恵比寿1-23-23 恵比寿スクエア4階)

http://www.drecom.co.jp/company/data/accessmap/

◆【当日のタイムスケジュール】

13:30 開場

14:00 開会

14:10 講演『成長論~できるやつになるために~』

急成長ベンチャー企業の2年目の方が講演します!

14:50 自分の成長曲線を描いてみよう!

15:10 グループディスカッション 「キャリアプランを考えよう」

15:40 プレゼン

16:00 終了

◆講師

学生時代ビジコンで優秀賞を取り、成長できる環境を求めてベンチャー企業に入社。

2年目のビジネスマン、海野 慧氏が入社後に感じたことや成長を語ります!

◆お問い合わせ申し込みは →

https://ssl.formman.com/form/pc/vSUHt9pD2AG0ViWX/

お問い合わせ:dachinco@gmail.com まで!

=====================================================

【主催団体紹介】 Dachinco !運営委員会

http://www.dachinco.com

Dachinco !は日本の就職活動の文化が抱える問題点を解決するため、

当時の大学4年生を中心として結成されました。

2004年10月に世界初の就活SNS「Dachinco !」をリリース、就活生を対象として

企業・内定者・他の就活生との「つながり」作りを支援し、孤独な就職活動を無くすとともに

「就職のためだけでない就活」の文化を作りたいと考えています。

現在は、首都圏の大学生スタッフ約10名、協力内定者約100名で活動しています。

【スタッフ所属大学】

早稲田大学・青山学院大学・東洋大学・東京都立大学・首都大学東京・駒澤大学

日本大学・十文字学園女子大学など(2008年4月現在)

ただいまスタッフ募集中です!

http://ameblo.jp/dachinco-intern/

=====================================================