ホーム > ブログ

エンジャパン 〜体験編〜

2008 年 12 月 27 日

6月に入ってしまいましたね。
僕は歳をとるまであと1ヶ月です、親父臭さが1レベルアップする気分です(苦笑)

さて、今回はエンジャパンの「体験編」です。
まずは簡単に内容を振り返っておきましょう。

【インターンシップ内容】
ビジネスコンテスト
約1ヶ月半じっくりとチームで企画提案を行うインターンシップ。
テーマは二種類あり、選択制です。
「既存の情報サイト事業の改善」「インターネット上の新規事業の立案」の二択です。
週1で報告会があります、何故か僕らは取締役の方が毎回来てくれました(!!!)
優勝チームには20万円が出ます♪

【開催時期】
東京で1回開催。
20人ほどが参加、1チーム4人程度で行われます。

【満足度】
体験満足度:★★★☆☆

では、詳細を見ていきましょう。

【ビジネスコンテスト】
1ヶ月半~2ヶ月ガッツリかけて、
既存事業の改善か新規事業の立案を行います。
昨年度は総計4チーム、1チーム4人で、
前期2チーム、後期2チームに期間が分かれています。
他のチームと係わることはあまりありません、週1の報告会でたまに会う程度です。
僕らの時は後期の両チームに元々の知り合いがいて、
常に「やべぇ、やべぇ」と言い合っていましたねwww

僕らは新規事業をやったので、既存の方が何をやったかは分かりません・・・。
新規事業はそもそも何をやるか、それに伴う市場調査・マーケティング、
ターゲッティング、競合調査、収益モデルの構築、必要経費と事業黒字化の展望などなど、
もうすべて自分たちで行います。

要は、ガチで新規事業を一つ立ち上げます。

開催から閉幕までのスケジュールは完全自由です、いつどこで集まってもOK。
僕らはいつも新宿駅近くのサイゼリヤに集まっていました、
あそこの売上にどれだけ貢献したことか(笑)
最初のうちはアイデアレベルでいいからどんどん企画を出していきました。
基本的にどんなアイデアでも「インターネット」に係わっていればOKなんで、
企画の自由度は高かったですね。

社員さんからのアドバイスはやはり正確で、聴けば聴くほど勉強になります。
ここでアイデア発想・企画の力が身に付いたという実感が凄くあります。
週1でプレゼンをするというのも、何か会議チックで、
仕事の疑似体験みたいな雰囲気もありましたね。
「あぁ~、社内の会議ってこんな感じなのかな?」的な(苦笑)
インターンシップならでは、の体験だったと思います。
まぁ、もしその時の体験がまんま社内会議だったら、
もちろんあり得ないわけですがww
普通に考えても、笑っている時間の方が長かったですからね、報告1時間で。
社員の方々は皆さん優しいので、色々と話し易かったです♪

ネックだったのは「期間」ですね・・・。
やはり長いため、中だるみの時期がやってきました。
企画のマンネリ化から仕事が進まず、アイデアの潰し合いになった
時期もありましたね。
もっとも、そのリアルな雰囲気を知っておくことも、
仕事理解には必要なんだなって思いましたけど。

  • うまく答えられない!多くの就活生が嫌がる圧迫面接の意図と対処法
  • 「スゴイ経験」は必要ない!就活でアルバイト経験をPRする時に最も…
  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 就活の基礎⑩企業研究、ミーハー学生にならないように【就活ゼミコラ…
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • コメントは受け付けていません。