ホーム > ブログ

富士ゼロックス・内定者インタビュー ~『目的意識』を持つことが大切~

2009 年 6 月 7 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

- 内定者インタビュー、今回は富士ゼロックス内定者の西村文晶さんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

私は大学院で化学を専攻していましたが、文系職が向いていると
自分や周りから思われていたので、文系理系両方で幅広く就活をしました。

就活の軸は、『理系での経験を文系職にも生かす』事でした。

希望の会社になかなか内定が出ず、辛い次期もありましたが
最終的には納得のいく就活をすることができました。

就活を通じて様々な人と出会い、自分を成長させることができました。

-内定先の事業内容について教えていただけますか?

複写機、情報、通信機器、情報処理システム、通信システム、電子デバイスなどの
研究・開発・製造・販売・サービスなどを行っています。

最近ではセブンイレブンでカラーコピー機をよく見かけると思います。

-内定後どのような仕事をされるのでしょうか?
またどのような仕事を希望されていますか?

知的財産関連の職に就きます。職種別の採用だったので、
実際の仕事をイメージして選考に臨めました。

-内定先の雰囲気はどうでしょうか?

研究所見学や説明会を通じて、社員の方々一人一人の自主性や個性が強く、
またそれらが尊重される雰囲気だと感じました。

-西村さんは富士ゼロックス以外にも、メーカーや金融など、多くの企業から内定をいただいていますが、最終的に富士ゼロックスへの就職を決めた理由を教えて下さい。

理系での経験で知った『ものづくり』の魅力を生かし、
世の中に技術を広めたいと考えたことと尊敬できる社員の方が
いらっしゃったことが決め手となりました。

-文系職が向いていると、周りからも、ご自分自身でも思われていたということですが、具体的にどのようなところが文系職に向いていると思われますか?

サークルなどの経験を通じて得た、より広く多くの人々と関わりながら成果に
つなげることが得意だった点だと思います。
大学院での研究でも実験をするより、学会でプレゼンやディスカッションを
している時の方が楽しかったです。理系っぽくないとよく言われましたし(笑)

-希望の会社になかなか内定が出ず、辛い時期もあったということですが、その時期をどのように乗り越えられたのですか?

自分がどの会社、どんな仕事に向いているかを考えながら、
がむしゃらに活動したという感じです。全力で就職活動をする中で
自ずと進むべき道が見えてきた気がします。

最終的には6月終わり迄活動しましたが、今振り返るともっとメリハリをつければ
良かったと思います。

-どのようなインターンを経験されたのですか?またインターンから得られたものは何ですか?

様々なメーカーの1dayインターンを経験しました。
世の中には本当に色々なものやサービスを作りだす企業があることを
知ると共に、会社の雰囲気を感じることができました。
また、多くの就活仲間とも出会えました。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生にアドバイス・メッセージを御願いします。

就職活動では常に『目的意識』を持つことが大切だと思います。
何をするべきか、今後どうするべきかを常に考えていると、
良い結果が出ると思います。

あとは、就活での選考や就活仲間との出会いを楽しんでしまう位の
気持ちで臨むと気が楽になりますし、充実した活動が出来ると思います。

うまくいかなくても決して最後まであきらめないで頑張ってください!!

-西村さん、ありがとうございました!

  • うまく答えられない!多くの就活生が嫌がる圧迫面接の意図と対処法
  • 「スゴイ経験」は必要ない!就活でアルバイト経験をPRする時に最も…
  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 就活の基礎⑩企業研究、ミーハー学生にならないように【就活ゼミコラ…
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • コメントは受け付けていません。