ホーム > ブログ

リサイクルワン・内定者インタビュー ~就職活動は自分自身を見つめ直すよい機会~

2009 年 5 月 27 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-今回は、以前インタビューさせていただいた伊原さんと同じくリサイクルワンの内定者である吉田慈美さんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いいたします。

私は、大学受験の失敗から望むゴール(目標)を常に意識することの大切さを学びました。目標を意識し、掲げることによって、今やるべきことが明確になり早期に行動することが可能になるからです。

学生生活では自分の成長を目標に行動して参りました。「成長」とは、人と人との関わり合いの中で、多くの経験を積むことによって成し得るものだと考えております。ですので、いろいろなNPO・NGOの活動やインターンに参加したり、海外を旅したり致しました。

就職活動に至っては、「自分が納得する就職先を見つける」ことを目標に行動して参りました。
自分にとって仕事とは努力が認められる場、自分を高められる場、自分の夢へ近づくための場、だと考えております。

それらすべてを叶えられる場が株式会社リサイクルワンであり、この会社で高めていった成長という付加価値で多くの人に喜んでいただけるそんな仕事がしたいと思っております。

-伊原さんのインタビューでもお聞きしましたが、吉田さんの視点から内定先のリサイクルワンという会社の事業、 雰囲気などお教え下さい。

伊原さんのおっしゃる通り、リサイクルワンは環境とビジネスを両立させるベンチャー企業です。

産業廃棄物の排出企業と再生・処理企業を結びつける国内最大のインターネット上の取引市場の運営することで他企業の差別化を図り、この国内最大のネットワーク事業を土台としてリサイクル事業や環境対策事業などを立ち上げ、多様な案件への対応をしております。

またリサイクルワンは、優秀な経営者・事業部長・社員が集まっていることがなによりの魅力だと思います。

私は、07年内定者で唯一の女性なのですが、制度は整っているし、いろいろ仕事も任せてくれ(もちろんそれだけの責任は伴いますが)女性にとってもとても働きやすい職場だと思います。

-吉田さんは、入社後どのようなお仕事をされるのでしょうか?

私も伊原さん同様、営業部の配属となります。
営業といっても、ルート営業・既存客営業・新規開拓営業などいろいろな形態があると思いますが、リサイクルワンの営業はネット、DM、展示会からの反響に対する営業を主に行っております。
その他にも展示会の運営・ネットワーク強化などいろいろな業務に携わります。

-入社の決め手についてお聞きしたいのですが、リサイクルワンならば努力が認められ、自分を高められ、夢へ近づけると思われたのはなぜでしょうか?

企業理念に共感できたこと。
目指す先がリサイクルワンと同じ方向に向いていたことが最終的な入社の決め手です。

また、リサイクルワンのセミナーに参加したとき、社長と何名かの社員とお話しをさせていただいたのですが、誰もが論理的思考能力に長け、しっかりとしたビジョンを持っていることが印象的でした。そんな優秀な社長、社員のもとで働けたなら自分をより高められると思い、入社致しました。

-学生時代は「成長」を目標としていたと伺ったのですが、吉田さんの「成長」のその先には何があると思いますか?何のために成長するのでしょうか。

私の「成長」の先には叶えたい夢があります。なりたい自分、夢のために成長したいと思っております。自己紹介で申し上げた通り「成長」とは、人と人との関わり合いの中で生まれるものだと思っております。

だからこそ、成長する過程で私は、多くの人に助けられ、支えられてきました。だからこそ、高めていった自分の付加価値で多くの人に喜んでいただきたいと思っております。

-NPO・NGOでの活動について教えてください。もしかしたらリサイクルワンを選んだことにも関係しているのかもしれませんが、就職活動にはどう影響しましたか?

もともと環境問題に興味があった私は、漠然と将来環境に携わる仕事がしたいと思っておりました。

そうは言っても企業、NGO・NPO、研究者、マスメディアなど環境問題に関わる組織セクターは多々あります。自分に合った仕事を見つけるためにまずとある環境NGOのインターンに参加致しました。

インターンを通して思ったことは、NGOの活動だけでは、生計を立てづらいということです。実はこれってすごい重要なことで、環境問題への取り組みを持続させるには環境をビジネスとして成立させることが必要なのだなと思いました。

そういったこともあり、私は環境をビジネスとして
成立させたリサイクルワンに就職をすることに決めました。

-就職活動中にやっていてよかったと思うことはどんなことがありますか?

就職活動中にやっていてよかったと思うことは以下の2点です。

1、徹底的な自己分析
2、多くの企業の社長と話す機会を作ったこと

まずは自己分析について。
就職活動を始めると「自己分析」という言葉がいやでも目に付くと思いますが、本当に自己分析ってこれからの将来を考えるにあたってすごく重要なものです。

私は、自分の過去を徹底的に洗い出すことで、自分の哲学を見出しこれからの人生目標を設定しました。
自分の中で人生プランをしっかり確立することで採用面接では自分の考えをしっかり伝えることが出来ました。

次に、多くの企業の社長と話す機会を作ったことです。いろいろな企業の社長と話す機会があるのは、就職活動中くらいではないかと思います。

社長はこれまで多くの失敗そして成功を経験してきた人です。
セミナーに参加し社長と話す機会を作るということは、この積み重ねられた経験を、一番効率よく吸収できる手段であり、今後の人生においてのよいアドバイスをいただけたと思います。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生、そしてリサイクルワンを受験したいと考えている就活生にアドバイスやメッセージを御願いします。

私にとって、就職活動は自分自身を見つめ直すよい機会でした。自分は何がしたくて、どう生きていきたいのか、この機会にもう一度考えてみてはどうでしょうか。

もし向かう先がリサイクルワンと同じであれば、是非セミナーに来てみて下さい。きっとリサイクルワンの良さを分かっていただけると思います。

-吉田さん、お話ありがとうございました!

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。