ホーム > ブログ

ジェイブレイン・内定者インタビュー ~「選ばれる」のではなく、「選ぶ」就職活動を~

2009 年 5 月 17 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-今回は経営者に特化したサービスに強みを持つ「ジェイブレイン」の内定者である北村さんにお話を伺いました。それでは北村さん、初めに自己紹介を御願いします。

ジェイブレイン内定者の北村奈緒美です。

私は仕送りをもらわずに生活をしているので、
大学生活はアルバイトばかりをしていてあまり学校へは行っていませんでした。
当然就職活動も初めはやる気が起きませんでした。

そんな中たまたま参加した合同就活イベントでベンチャー企業という選択肢が
自分の中で新たに加わり、就職活動が楽しくなりました。

ベンチャー企業特有の勢いや雰囲気に惹かれ、
その中でも選考が1番印象的だった企業に入社を決め、
今は内定先のジェイブレインでインターンとして働いています。
 
-内定先は、ジェイブレインはどのような会社なのでしょうか。どのような事業をされているのですか?

中途人材紹介を主な事業としています。
ベンチャー企業の経営幹部層に特化した人材紹介事業から始まったので
現在その分野では日本でトップの地位を確立しています。

また、ヒトに関わるさまざまな事業をおこなっており、
経営者の徹底的なサポートをしている会社です。

-なるほど。人材紹介をやっている会社としてはインテリジェンスなどたくさんありますが、経営者に特化して色んなサービスを提供しているというのは、面白そうですね。北村さんは、入社後どのようなお仕事をされるのでしょうか?

まだ、決まっていませんが、やりたいことをやらせてもらえると思います。

中途人材紹介の営業、キャリアカウンセラー、新卒事業部…などありますが、
私は、まずは営業をやりたいと思っているので、
そのような希望を出そうと考えています。

-その会社への入社を決められた決定打はなんだったのでしょう?またそれは、将来自分のなりたい像とはどのようにつながってくるのでしょうか。

実は、ジェイブレインという会社にエントリーした記憶がありません。
時間が空いているから説明会へ参加して、マスターコースという変わった選考過程がある
ということを知って、「その選考を受けたい!」と思ったので、選考を受けていました。

その選考が終わって最終面接をしたときは内定は辞退しようと考えていたのですが、
「ビジネスは即断即決だ!」と言われて「やります!」と言ってしまったというのが正直なところです。

私は優柔不断で、自分のできると思われる範囲内のことしか挑戦しない性格だったので、
そういった弱みを克服できる環境だと思い、決めました。

将来なりたい自分になるためにはまずは弱みを克服しなければ!と思ったので。

-今内定先でインターンをしているとの事ですが、そちらではどのようなことをなさってるのでしょうか?インターンによって得られたものは何かありますか?

社長の「何かやりたいこと企画してやってみたら?」という一言で始まりました。
インターン生3人で「インターンシップ斡旋事業」をやることに決めて、3月の末から企画をし、
実際に営業へ行って受注をしたりということをしています。

インターンといってもやることは社員と一緒。
「ジェイブレイン」という看板を背負って企業へ行くわけなので
学生ではなくプロとしてやらなければなりません。

マナーがなっていなくて、営業先の企業の担当者の方に怒られたり、
社員の方に迷惑をかけてしまったりもしましたが、
その分、褒めてもらったり、自分の力で受注したときの喜びは言葉には言い表せないくらい嬉しいです。

インターンを通じて、ポジティブな考え方や社会人としての在り方、責任の重さなど、
始める前とは比べ物にならないくらい成長したと思います。まだまだですが…。

-現在、自己分析に悩んでいる就活生が多いようです。北村さんは自己分析やエントリーシートの作成を行う中で、辛さ・苦しさ・難しさを感じることはありましたか?
また、それをどうやって乗り越えましたか?

自己分析を意識しだしたのは3年の秋ごろでしたが、私自身も自己分析は悩みました。

しかし、マニュアル本などを読むのが嫌いだったので、ありのままの自分を出そうと決めました。

面接でもエントリーシートでもわからないことは「わかりません」とか、「まだ決めてません」とかちゃんと言って、うそをつかず、背伸びをせずにやるよう心がけていました。
なので、苦しさやつらさといったことはあまり感じませんでした。

「等身大の自分」というのをしっかりつかむことが出来れば
それほど苦しむことはないのかと思います。

-就職活動を行う中でやっていてよかったと思うことはどんなことがありますか?

積極的に友達を作ることです。私の場合は特に地方大学なので、
東京の学生に比べて情報が少ない部分がありました。
就職活動という同じことに取り組んでいる仲間を増やすことで
悩みなども相談できるし、情報交換もできるのでおすすめです。

あとは、何事にも積極的に行う、とりあえず説明会には参加してみる等
たくさんの情報と経験をつんでおいた方が良い良いと思います。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生にアドバイス・メッセージを御願いします。

企業の理想の学生になるのではなく、自分の理想の企業を見つけるというスタンスで
企業選びをした方が絶対に楽しいし、後悔もしません。

「選ばれる」のではなく、「選ぶ」就職活動をおすすめします。
あとは、決まった形にこだわらず、行きたい企業があれば直接社長に電話してみたり、
「何をすれば内定をいただけますか?」といったように
自分の熱意を直接アピールしたりしてみてもいいと思います。(会社によりますが…)

そして、後悔・妥協のない就活を行ってください!

-お話ありがとうございました!

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。