ホーム > ブログ

外資系銀行・内定者インタビュー ~あせらず一歩一歩を重ねて~

2009 年 5 月 13 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今回は某外資系銀行に内定したIさんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

地方から上京し、東京の私立大学に通う4年生です。
経済学科、環境経済学を専攻しております。
内定先は銀行です。
私の就職活動は、働くならば興味のある分野へと思い、
「業務内容・仕事内容」に重点を置きました。
金融機関を中心に、様々な業界のセミナー等に、
毎日体もスーツもくたくたになるくらい参加しました。
結果的に昔から漠然とですが銀行員になりたかったので、
その想いがかなう形となりました。

3月の段階でなぜだかすんなりと内定をいただくことが出来、
その後とても悩みましたが、1社内定が決まった段階で就活を終えました。
現在ではとても納得しています。

大層なことでなくとも、自分自身がやってきたことに自信を持ち、
生き生きと、表情豊かに語ることが一番重要だと思います。

-内定先の事業内容について教えていただけますか?

普通銀行です。すいませんがあまり詳しく申し上げられません。

-内定先の雰囲気はどうでしょうか?

少数精鋭。
先輩行員の方から、和やかで、暖かい雰囲気を感じております。

-内定後どのような仕事をされるのでしょうか?また部門別採用ということですがなぜその部門を選ばれたのでしょうか?

金融機関(全国の地銀、第二地銀さんを中心に)への営業、コンサルティング業務。
私自身が地方出身ということもあり、
全国一律の経済発展が難しいといわれる中で、
地方経済の発展に貢献できればと思ったからです。
このような金融法人部門の採用は他行にはなく、
部門別採用の為、やりたい業務内容に直結している点は
魅力であると思います。

-ずっと銀行員になりたかったとおっしゃっていますが理由についてもう少し詳しく説明していただけますか。

本音をいうと、小さい頃から『かっちりびしっ』とした感じのものが好きなのです。

銀行は公共性が強く、社会基盤でもあるので『かっちりびしっ』としてますよね。
その一員である銀行員になりかったのです。更に扱っているものが目に見えない商品だからこそ、
自分自身で手を加えられ、その分、自分の力量が『かっちりびしっ』と試される。
特に証券化、デリバティブ等々金融の仕組みに興味があったからというのも大きな要素です。

-とても多くのセミナーに参加されたということですがそこから得られた一番の教訓をお教えください。

同業種でも、異業種でも比較することで、
会社の雰囲気・姿勢、自分自身に合うか合わないか
足を運ぶことでつかめるものがあります。
就活前から抱いているものは消費者・利用者からした
漠然としたイメージでしかないので。

ふと社員の人から漏れた言葉に感動させられたり、
業界によって就活生の雰囲気も異なり、
様々な発見があっておもしろいですよ。

-現在の内定先から内定をいただいてからとても悩まれて就職活動を終了されたということですがその一番の理由は何だったのでしょうか?

結果的には受けておりませんが、当初は知名度が高さから
メガバンク等を志望しておりましたので、正直内定先について知らないことが多く、
内定をいただいたことに手ごたえを感じられなかったからです。

その後、内定者懇親会やオフィス見学を通じて、
巨大銀行の一人になるよりも、
行員のお互いに顔を合わせコミュニケーションが取れる中で
業務できる環境、部門別採用で興味がある分野に直接携われ、
若いうちから活躍できる環境のほうが、私にはメリットであると
感じられました。

-自己分析はバイト、学業(ゼミ、課外活動)、サークルの3本柱で挑んだとおっしゃっていますが具体的にいつごろからどのようにされたのですか?

自分で自分自身はなかなか分からないものであり、
自己分析は難しいものであると感じました。
始めたのは遅く、エントリーシートや面接を受けながらで
あったと思います。
自分で考えていても分からないので、
友人や家族、就活仲間に相談しました。

また、私は「そのとき私だから気づき、行動したこと」を、
状況が伝わるよう具体的なエピソードを話して、
アピールしたい自分像を面接官に想像させるようにしました。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生にアドバイス・メッセージを御願いします。

就活中は毎日気分がコロコロ変わり、
浮くこともあれば、沈むことも多いです。

疲れたときには休息も大事!
不安や迷いはつきものです。
あせらず一歩一歩を重ねていきましょう。

-Iさん、ありがとうございました。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。