ホーム > ブログ

アデコ内定者インタビュー ~ひたすら動き、ひたすら考える就活を~

2009 年 5 月 10 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今日は総合人材サービス企業のアデコの内定者のCさんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

私の大学時代は、アルバイトと遊びをとにかく一生懸命頑張った学生で、
就活始まる前は、
・勉強もしてこなかった
・自己分析もできてない
・学生時代頑張ったこともない
・やりたい仕事もわからない
・何から就活を始めたらいいのかもわからない
・インターンも行ったことない

こんな感じで本格的に9月ごろから就活を始めました。
また、学科で学んだことをそのまま就職先として考えておらず、
いわゆる理系職から文系職の就活をしていました。

しかし、やりたいことも明確になり、自分のことも理解し、
それをアピールすることもでき、希望の就職先に内定をいただくことが
できました。

-内定先のアデコという会社の雰囲気などお教え下さい。

アデコは、総合人材サービス業界において、世界でNO.1に輝いています。
その日本法人が、アデコジャパンで、外資系という強みを持っています。
けれども、ガチガチの外資系というよりかは、外資の強みを持ちつつ、
日本の企業文化を融合している、というイメージがあります。
なので、一人一人が個で動きつつも、全体のバランスについては、
日本独自のチームプレーが出来ている会社だと思います。

-Cさんは、入社後どのようなお仕事をされるのでしょうか?

私は(むしろ全員ですが)、営業から始まります。営業職として募集しています。
よくS社・P社・T社が、この業界で有名ですが、どれも分業制
(営業の人、スタッフフォローの人、派遣業の人、紹介業の人と個々に仕事を
振り分けている)をとっているため、職種はバラバラです。

しかしアデコは、一人で全部行い、分業制を取っていません。
なので、私も含め、入社後は、約一ヶ月間(配属支社によって違う)
の研修の後、OJTのもと「営業を行ったり、マッチングをしたり、面接をしたり、
スタッフフォローをしたり」します。

-Cさんのように、理系だけども文系就職を考える学生は少なくはないと思います。そこにどんな悩みや不安があり、どのように解決しましたか?

まず、理系から文系職についてですが、不利になることはまったくありません。
ですが、私は当初「理系というだけで落とされるのではないか」や
「学生時代に学んだことをまったく評価されないのではないか」という不安を感
じていました。しかし、いざ面接では、理系だから文系の人には劣るというのはまったくなく、
聞かれる質問は「なぜ、そのまま学んだことを活かして就職しようと思わなかったの?」
についてでした。

やはり、「何を学んだのか」が重要ではなく、
「何について、どのように学び、それを自分の中でどう活かせるのか
(活かそうとするのか)」が重要だと思います。

-始めは、やりたい仕事もわからない、何から就活を始めたらいいのか分からないという状態だったとおっしゃっていましたが、どのようにしてやりたいことが明確になり、希望の就職先に内定をいただくことができるようになりましたか?

最初は、「やりたいことがわからないからいいや」これが逃げセリフで、
インターンに参加しませんでした。
しかし、やりたいことなんか、やってみないとわからないことに気づいたことで、

とにかく、動きました。
とにかく、考えました。

人の話をたくさん聞いたり、たくさんの人に話をしたりしました。
それは、家族、友達、就活で意気投合した友達、就職課の人、
本当にたくさんの人です。そこで、自分にとって合うもの・合わないもの、
好き・嫌い、やりたい・やりたくない、いっぱい判断基準はありますが、
それについてトコトン考えました。

ひたすら動き・考えた結果、明確になったと思います。
(人によっては、動きすぎもよくないですが・・・)

-面接についてお聞きしますが、就活生の多くは、面接に不安を抱きます。Cさんはどのように面接を乗り切りましたか?

面接は、“慣れ”と言いますが、本当にそうだと思います。
私は、それに気づいたのが志望度の高い面接が始まったくらいの時で、
ちょっと遅かった気がします。けれども、そこから友達と一緒に面接練習をしたり、
就職課の人に模擬面接をしてもらったりしました。

慣れれば、逆に自分が言いたいことを言えるように、面接官がもうちょっと聞きたいと
思うような回答もできるようになりました。
やはり、いっぱい練習することだと思います。

あと、これ重要ですが、『面接を録音する』その録音したやつで復習し、
次に活かす。

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生、そしてアデコを受けたいと考えている就活生にアドバイスやメッセージを御願いします。

就職活動は、本当に楽しいです。周りの先輩が辛いとか言っているかもしれませんが、
本当に楽しいです。“楽しんで”就活をすることが、絶対に内定につながります。

あと、この就活中にみんながみんな大きく成長できます。
「これでもか~」ってくらい自分のこと、友達のこと、家族のこと、
社会のことについて、よ~く考えてみてください。よ~くですよ!!
そこにこそ、内定につながるヒントがたくさん落ちています。
また、これからの人生を楽しめるヒントもたくさん落ちています。

-Cさん、インタビューご協力ありがとうございました!

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。