ホーム > ブログ

大和証券SMBC・内定者インタビュー ~就活で得たいものをたくさん得るぞ!の気持ちで~

2009 年 5 月 6 日

この内定者インタビューは、2006年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今日は大和証券SMBCの内定者Aさんにお話を伺いました。それでは、よろしくお願いします。

大学生活を通して、やりたいと思ったことは手当たり次第実行してきたつもりですが、
一貫性がなかったので自分が何をやりたいのかがなかなかわかりませんでした。

結局最後までやりたい仕事は何なのかよくわからずに就活も終えてしまった気がします。

でも今考えてみて、働き始める会社としては理想的な環境を選択出来た
と思うので恵まれていたと思います。

結婚しても何らかの形で働き続けたいと思いつつも、
人生は何があるかわからないので、いつまで仕事が続けられるか
定かではないと考えました。

なのでなるべく働き始めの20代のうちに仕事の面白い部分を経験出来、
『自分が与えられたその環境で、与えられたその仕事をしている
からではなく、どこにいても同じように利益を生み出していける』
ある程度のスキルを早いうちに身につけられる会社に入社することを希望していました。
このことは面接でもよく言っていました。

趣味のバックパック旅行で20カ国訪れたり、
大学3年夏にIBMでインターンしたりしたこともありました。

-内定先の大和証券SMBCという会社の雰囲気などお教え下さい。

社員の方の雰囲気は気さくでユーモアがある、明るい方だという印象を受けました。
あと国内シェアの大きさなどが今後さらに伸びていくだろうという可能性を、周りの人の話からとても強く感じていました。

-Aさんは、入社後どのようなお仕事をされるのでしょうか?

配属は入社してみないとわからないのです…。

入社後少しの間、色々な部署の方々のお話をお聞きする機会があって、その後希望を出して正式配属が決まるようです。

私はマーケットのお仕事がしたいと今思っていて、セールス&トレーディングが出来たら…と考えているのですが、希望の職種になれるかはまだわかりません!

-バックパック旅行で20カ国まわったというのは、すごいですね。おそらく海外での経験などを面接でアピールする就活生は多かったと思いますが、たくさんいる学生の中でAさんはどうやって他の学生との違いをアピールしていましたか?

実際海外旅行は就活的に大変ありきたりな話題だと思ったのでそれ自体はあまりアピールはしていませんでしたが、ヨーロッパに初めて一人でバックパックで行った時、スペインで強盗に遭ってパスポートなど携行品全てを強奪されたことがありました。

その状況を自力で克服してその後の旅を予定通り続けた、という経験を「突然の事態に対応する力」や「困難に負けないしぶとさ」「目標を達成するまで諦めず努力し続けられる忍耐力」というような感じで自分の強みを裏付けるエピソードとして利用していました。

-現在、自己分析に悩んでいる就活生が多いようです。Aさんは自己分析やエントリーシートの作成を行う中で、辛さ・苦しさ・難しさを感じることはありましたか?また、それをどうやって乗り越えましたか?

たくさんの社会人の方と話して毎日のように違う方に相談していました。OB・OG訪問、知人の社会人に話を聞く、など全て含めて60~70人の社会人の方とお話したと思います。

ですがそれでも「何がやりたいのか」「どんなときが幸せなのか」「どんな社会人になりたいのか」ということへの答えは出ませんでした。

わからなかったらむしろあまり無理せず、「今何がやりたいか」という点で受ける会社を決めてもよいと思います。もちろん「将来こんな大人になりたい」というビジョンが何となくでもあれば、それに近づけそうな道を探すべきですが。

漠然とでも、「お金持ちになりたい」「優雅な生活を送りたい」「死に物狂いで働いて30代にはその会社の頂点に登りつめたい」などの将来へのイメージがあれば、「なりたいなー」と言っているだけではなく、「そのためにはどうしたらよいか」を考えて、それを実現出来そうな道を模索するとよいと思います。

難しく考えすぎるよりそうやって希望する仕事を探していくことが
後に「よかったなー」と思える仕事選びにつながるのではないでしょうか。

ESに関しては、インターンの先輩にマメに添削していただいたり、その業界で働かれている方に添削していただいたり、たくさんの方に目を通してアドバイスしていただきました。
実際たくさんの方に見て、批評していただくことは本当に必要だと思います。

-就職活動中にやっていてよかったと思うことはどんなことがありますか?

ESの添削をマメにたくさんの方に頼み、何回も推敲を重ねたこと、かすかなツテもたどって、たくさんの方にお話をお聞きしたこと、日経新聞を毎日読む習慣をつけたこと(楽しくなって今でも毎日読んでいます)、また気になった記事を切り抜いてストックする習慣をつけたこと(自分の興味分野が明確になって将来への夢が膨らむので。これも現在も趣味として継続しています)

-それでは最後に、これから就職活動を行う就活生、そして大和証券SMBCを受験したいと考えている就活生にアドバイスやメッセージを御願いします。

あまり深刻に就活を「一大事」ととらえなくてよいと思います。卒業にあたって、とりあえず最初に働くところを決めなくてはならない時期になったので、一つ働ける場所を確保しておくための活動、と考えていればよいと思います。

あと本当は自信がないことでも「こうなんです」と笑顔で自信たっぷりに言い切るハッタリ力が就活では大変重要であると感じました。特に大和SMBCはそういう方が好きであるように感じました。

就活にかこつけて得たいものをたくさん得るぞ!ぐらいの気持ちで(例えばたくさんの他大友達、憧れられるOB・OG、礼儀正しい言葉遣い、タイムマネジメントスキルなど・・・)臨んでみてはいかがでしょうか。

何か疑問点があれば何でも質問してください。

-お話ありがとうございます!

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。