ホーム > ブログ

日本テレビ 内定者インタビュー  ~就職活動は自分を見つめなおす機会かもしれません。~

2009 年 3 月 19 日

この内定者インタビューは、2007年度のDachinco!に掲載されていたものです。
削除依頼などございましたらinfo@s-value.jpまでご連絡ください。

-内定者インタビュー、今回は日本テレビ内定者の白木瑛利子さんにお話を伺いました。

-それでは初めに自己紹介をお願いします。

東京大学法学部第2類(公法コース)4年、白木瑛利子です。
公法コースといっても、特別専門があるわけではありません。
その他の活動としては、アルバイト(家庭教師、アイスクリーム店店員)・東大大学院情報学環(メディアを研究対象とする大学院)の附属機関の研究生としての活動・旅行、などをしていました。

もともと放送業界に進みたいと思っており、最初に受けた会社に内定をいただいたので、放送業界のみをまわりました。
内定先はテレビ局で、常に新しいものを作り続けることを目指す会社です。
番組コンテンツだけでなく、今後の放送業界の大きな変化の中で、視聴者にとってあらゆる「見たことない」ものを生み出していきます。

-学生時代にメディアを研究する大学院の附属機関に通われていたということですが、ここでの活動について詳しく教えて頂けますか。

私が所属していたのは、東京大学大学院情報学環教育部といって、学内外からメディアやジャーナリズムに関心を持つ学生を集めて授業を提供しているところです。
大学の先生方だけでなく、実際にメディアの現場(放送・新聞・広告・出版など)で働いている方々を講師として迎えていたので、あらゆる視点からの講義を受けることができました。
一方的に話を聞くのではなく、授業内でのグループワークや研究合宿でのワークショップなど、何かテーマを持って自分たちで考え発信する機会が多かったと思います。

印象深いものを例としてあげると、「メディアの中のメディア」というテーマで発表するグループワークでは、耳の聞こえない女性を主人公としたドラマにおいてどのようなコミュニケーションツールが描かれているかを取り上げました。
10年前と最近のドラマを見比べることで、使われるツールの違いや時代背景など、それまでとは全く異なる視点をもつ機会となりました。

-その活動が、具体的にどのようにテレビ局志望につながっていったのでしょうか。

大学に入った時点でテレビ局志望ではあったので、それが情報学環に入ろうとした理由でした。
ただ情報学環での授業を通して、自分の視野が広がったように思います。
自分が興味を持っていた放送分野の授業ではコンテンツの作り方だけでなくテレビ局を取り巻く問題などに目を向けるようになりました。
また、多くのワークショップを経験する中で、疑似体験ではありますが情報の発信者・受信者として何をすることができるのかということを考えることとなりました。

さらには、現在さまざまなメディア業界で働く先輩方とお話しする機会も増え、現場の実情を伺うこともできました。
こうした活動を通して、自分はなぜテレビ局を志望するのか、どんな仕事をしたいのかを考えるようになっていったと思っています。

-放送業界にも様々な会社があった中で、白木さんが考える現内定先の魅力というのはどういったところでしょうか。

採用試験が始まる前に、数社のテレビ局の会社説明会(日本テレビでいえば「学生フォーラム」)に足を運びました。
私はそうした会社説明会でそれぞれの会社の特徴というか、雰囲気を感じ取った気がします。

説明会の時点で、日本テレビは他の会社より「かたい」感じがするなあと思っていました。
それはやはり日本でもっとも伝統のある民放局であるというプライドからくるものであったかもしれませんが、私はこの「かたさ」が好きでした。

放送業界というと他業種より「ゆるい・柔らかい」感じだと思われがちですが、日本テレビの説明会や選考ではそうした「ゆるさ」は感じませんでした。

このことは内定をいただいてから一層感じるようになったとも言えます。
人事の方をはじめ、会社全体に芯が通っていて、自分たちの仕事に誇りを持っているような印象です。

抽象的ではありますが、私は日本テレビのこの硬派なところに魅力を感じています。

-放送業界は高倍率なことで有名ですし、選考過程の面接も大変な競争だったと思います。そのような面接を乗り切られた秘訣はどのようなものだったのでしょうか。

秘訣と言われても難しいですが、私はいつも自分が思っていることを正直に言っていました。
とにかくテレビを見ることが大好きだったので、それが伝わればいいなと思って。
ただ、こちらの熱意を一方的に話すのではあまり意味がありません。

日常生活でも同じことだとは思いますが、相手の反応を見ながら話すことが大切だと思います。
どんな話が人に興味を持ってもらえるか、どんなスピードで話せばわかりやすいかを考えて、面接を経験するごとに修正していけばいいのではないでしょうか。

あとは、直接面接とは関係ないかもしれませんが、リラックスするためにスーツは一番着やすいものにしていました。
黒いリクルートスーツは一度も着ず、いつも楽なパンツスーツを着ていました。
シャツも襟があるのは嫌いだったので、丸首のTシャツばかりでした。
男性にはあまり関係ない話だったかもしれませんが、とにかく自分らしくということです。

-最後に就活生に一言エールの言葉をお願いします!!

就職活動は将来を決めるために自分を見つめなおす機会かもしれません。
周りに流されることなく、自分の意志をしっかりもって臨んでください!

-ありがとうございました!

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。