ホーム > ブログ

【指南書8】「結論ファースト、理由セカンド」という構図を崩さない。

2009 年 1 月 21 日

さて、大体エントリーシートを書く上で重要だと思われることの基本は書き終えました。
次に、文章の構図についてです。

相手に分かり易く物事を伝える上で重要なことに「結論ファースト」というものがあります。
最初に「伝えたいこと」を言って、「その理由を後に語る」というものです。
そしてこれは、エントリーシートにも当て嵌まります。

長々と語られていても、最終的に言いたいことが伝わっていなければ無意味です。
エントリーシートは文章量ではなく、その中身の質によって判断されます。
「志望動機の方が自己PRよりも長いと好印象」といったようなこともありますが、普通、選考結果は中身に依存します。
となった時、忙しい社員に何通ものエントリーシートから自分のものに「合格」を貼付けてくれるようにするためには、一瞬で自身の魅力を伝えるスピードが重要になります。

そこで心掛けて欲しいのは2点です。
 ・一文は出来れば50文字以内
 ・結論ファースト
です。

人間は話し言葉だと、1秒で5文字を認識すると言われています。
書き言葉は話し言葉よりも認知が遅れますから、もう少し少ないかもしれません。
10秒も話を一気に聴かされると、大体萎えてきます、それが人間です。
友人ならいざ知らず、初対面の人間から一方的に言葉を投げかけられ続ければ、誰だって突かれます。
長い文章は、たとえどれだけ凄い内容でも、それだけで悪印象なのです。

ですので、エントリーシートの一文は、可能な限り50文字以内にしましょう。
これには利点が2つあります。
 ・シンプルに書くように心掛ける
 ・分かり易く伝えられる文章になる
というものです。
50文字で言いたいことを分かり易く伝えるようにするわけですから、出来上がった文章は相当、シンプルで読み易いものになります。
短い文章の多くの連続から出来上がった400文字の課題と、
長い文章の少ない連続から出来上がった400文字の課題と、
どちらが読み易く、かつ好印象か、自明ですよね。

どうしても一文が長くなってしまう場合には、
「 」で括って複数項目を並べたり、数字ラベルを貼付けて分かり易くしたりする工夫があります。
「 」などで文章の繋がりを一旦切ってみると、案外読み易くなるので、ダラダラ感が経るみたいですね、人事も何となく好印象みたいです。

【参考エントリーシート】
ベネッセコーポレーション エントリーシート

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。