ホーム > ブログ

第一生命保険 エントリーシート

2009 年 1 月 21 日

今回は第一生命保険のエントリーシートです。
生保とか門外漢なんで、正直調べるだけで困ります。
〆切は「7月10日」です。

【課題内容】
1:当社インターンシップにおける希望コースの志望理由をお書き下さい(全角400文字以内)
2:あなたが学生時代に培った得意分野、または最も打ち込んでいることについて教えて下さい(全角400文字以内)
3:当社総合職・一般職採用ホームページで一番印象に残った職員は誰ですか? またその理由もお書き下さい(全角400文字以内)

【記入例】
1:
生命保険の仕事についての理解を深めたいからです。
学生時代、入学当時から2年半をリハビリのヘルニアに費やしました。周囲の普通の大学生活を目にし、リハビリの失敗等も重なって精神的に厳しい時期もありました。そこから日常生活の有り難さを痛感し、自分の能力やスキルを人々の日常を支える仕事で活かしていきたいと思っています。
その中で、企業の福利厚生や財務のコンサルティングなど、人々が最も多くの時間を費やす「仕事」の環境をサポートできる仕事に惹かれています。無形のサービスを扱うが故に、自身の交渉・折衝力が直に反映されるプレッシャーとやり甲斐にも魅力を感じています。
インターンシップを通して生命保険業界の仕事を学び、業務体験において自身がこの世界でどういった貢献が出来るのかを見極めたいと思います。特に企画・立案を通して、事業の基幹である顧客の視点や商品知識についてリアルな業務を通して学びたいと思っています。
(399文字)

2:
音楽会社でのアルバイトです。父親の経営する音楽会社で、ホームページの管理からコンサート企画運営まで携わってきました。
ある時、あるシンガーのコンサートの運営に携わりました。私の主な仕事は広報業務で、500名集客が使命でした。私は最初、広報といえば「広告」と安易に決めつけ、純広中心の広報戦略を考えました。しかし、根拠の無い安易な戦略のため何度も練り直しを余儀なくされました。
戦略の重要性に気付いた私は、シンガー自身の独自色を応用した広報戦略に立案しました。歌手業とは別に生物愛好家としても活躍していたこの方の魅力を利用し、そちらの方面でのフリーペーパーの特集を企業に要請、それをコンサートへの誘致に繋げました。今までよりも規模が大きいコンサートだったため、新規参加者増加のための新たな試みを打ちました。結果、満員のコンサートになり、やり甲斐があった半年間でした。
(380文字)

3:
ホールセール部門の松沢洋平様です。
松沢様の項で、特に私の生命保険への興味が喚起されました。単に企業の福利や財務をサポートするだけではなく、不動産や株式、損害保険など、企業の様々なニーズを解決していく幅のある仕事で活躍されている姿に、自身の願う働き方に通ずるものがあり魅力を感じました。
また、クライアントのために「人としての幅をさらに広げたい」と志す姿に、生命保険業界で重要なものを感じ、また一人の人間として共感するものがありました。単に商品だけにではなく、顧客との対話に価値を提供しなければならないハードな仕事。その中で資格取得等にも熱心に励んでいらっしゃる貪欲な姿に、ビジネスパーソンのあるべき姿を感じます。
加えて、仕事の内容はかなり多岐に渡り、質的にも量的にもハードな印象を受けましたが、プライベートが充実されている様子が凄く印象的でした。自分にはないメリハリを持っている点に惹かれます。
(396文字)

【前提】
基本的なエントリーシートの書き方は下記アドレスに譲ります。

【インターンシップ用のエントリーシート対策】
http://ameblo.jp/dachinco-intern/entry-100896474

エントリーシートは基本的に
 ・文字数を考えずに、とりあえず書いてみる
 ・文字数を調整するために、伝えたい内容に優先順位をつける
 ・単語や内容を削って少しずつ文字数を少なくしていく
といった流れで書くのがオススメです。
最初から書きたいことを絞る書き方はあまりオススメできません、文字数に縛られたエントリーシートは、大体無理が生まれてしまいます。

【1:志望理由】
どうでもいいですが、変換ミスして「死亡理由」ってなって萎えました・・・。
生命保険といい、流石にピンポイント過ぎますね・・・。

構造ですが、
 ・一言(20文字くらい)
 ・どんな仕事がしたいか(100~150文字くらい)
 ・そこから生命保険に惹かれたキッカケ(100~150文字くらい)
 ・インターンシップで学びたいこと(100~150文字くらい)

基本的には
「日常を支える仕事がしたい」
→「最も人が多くの時間を費やす仕事を支える仕事がしたい」
→「企業の環境面を支える生保の仕事に興味がある」
という流れです。
少し特殊なんですかね・・・、こういった理由って。

「自分の能力やスキルを活かして」っていうのが少し漠然としていますね。
ただ、重要なのは「志望理由」なんで、「こうした貢献が出来ます」よりかは、
「こうした仕事に就きたいです」という方を押しました。
インターンシップ段階であること、こちらは学生であることから、
別に大したスキルも何も持っていないのは、向こうも分かっています。
重要なのは「キッカケと熱意」、そちらだと判断しました。

インターンシップで学びたいことは、単に「業務体験をしたい」では終わらせないようにしました。
重要なのは、以前も書きましたが「具体的な目的意識」を持つことです。
本選考もそうですが、インターンシップを開催する以上、企業だって根っから「学生のために」でやっているわけではありません。
必ず数人でもいいから、目をつけようという思いがあります。
インターンシップを通して、具体的にどういったことを学びたいのか・・・。
キチンとした目的意識が無いと、大体の場合、落とされます。

ただ、別に深く考える必要はありません。
 ・仕事の流れを掴みたい
 ・そこで自分が将来、働いているイメージを固めたい
 ・実際に業務を体験して、自分がやっていけるかを判断したい
色々とあるでしょうが、おそらくこんなところでも大丈夫です。
重要なのは、何かしらの目的意識を持っていることであって、そこにおける優劣を見ている企業はほとんどありません(ましてこの時期に・・・)

【2:学生時代に頑張ったこと】
今回はいままで使っていなかったものを引っ張り出してみました。
冒険が出来るのはインターンシップくらいですから、どんな活動が採用担当者を惹き付け易いのか、どんどん試すこともオススメします。

構造としては、
 ・アルバイトの概要(50文字くらい)
 ・ぶつかった困難(100~150文字くらい)
 ・乗り越えるために考えたこと、やったこと(200~250文字くらい)

基本的にはやはりPDCAです。

先に不十分かな、と思うところを述べておくと、チームプレーの色が薄い所でしょうか。
コンサートの企画運営なんていうのは、ガチでチームプレーです。
その中で個人的な話の色が強いのが、少し残念なエントリーシートです。

とはいえ、向こうに「僕はこれだけ考えて動いてました!」というのを伝えられれば、
基本的には書かれていなくても「こいつはチームプレーが出来るやつ」というのは分かります。
今回の場合、コンサートの運営が一人で出来ないことは自明ですし、
面接という機会もありますから、何よりも「自分がやったこと」を伝えることを第一に書きました。

生保の世界とはまったく関係がないエピソードですが、敢えてです。
リハビリの話とか書いても、別に採用担当者が惹かれることはありません。
以前伝えたように、ネガティブな話は書かないに限ります。
「リハビリ」等というのは、「やらなければいけないもの」であって、そこで何を考え、どうやってきたかというのも一つのアピールにはなりますが、出来れば他のポジティブなものの方が良いのです。

志望理由とリンクしない活動内容をアピールすることは、
人としての幅を見せることにも繋がります。
一球入魂もいいですが、色々な世界(それも各々にあまり関係性が無い場合)に触れてきた学生は、
その背景さえハッキリしていれば、かなり面白い色があるみたいです。
某人事も「人間的に広がりがある方がやっぱり期待できる」と仰ってました。

【3:印象に残った社員】
少し不思議な質問ですね、たまにこういったのもあります。
「弊社のホームページを見て、弊社にどういうイメージを持ちますか?」(今年のアクセンチュア)
など、一見すると「どうすりゃいいの?」という質問です。

こうしたものも、別に「正解はありません」
ただ、少し気をつけておきたいのは、やはり「一貫性」です。

例えば、今回の僕は、企業サポーターとしての生保の仕事に惹かれている設定です。
ということは、印象に残る社員としても、そこに携わる社員を挙げておくのが無難です。
(別にそれがすべてではないのですが、安全なのはこうした形でしょう)

構造としては
 ・企業サポーターとしての姿への好印象(100~150文字くらい)
 ・人としての幅が魅力的な姿への好印象(100~150文字くらい)
 ・プライベートを持ってる姿への好印象(100~150文字くらい)

となっています。
主には「自分との対比」で話をすすめています。
最初に「自分が理想とする働き方で活躍している点」から印象的に思い、
つぎに「そこでの松沢様のプロとしての仕事の姿勢」から印象的に思い、
最後に「加えて、自分には持っていない仕事の強み」から印象的に思い、
全体として「自分の理想とする業界での理想のビジネスパーソン」というアピールをしています。

志望動機とリンクされていれば、別にどういった書かれ方をしていても大丈夫だと思います。
意図が読めない質問に回答する上で重要なのは、やはり「一貫性」です。
気をつけておきましょう。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。