ホーム > ブログ

インターンシップ用のエントリーシート対策

2008 年 12 月 27 日

さて、今回はインターンシップ選考の一つ、エントリーシートについてです。
選考には3つありましたよね、覚えていますか?
(何でしょうね、この小学校的なテンション(笑))
今回はエントリーシートの書き方について書いていきます。

【そもそもエントリーシートって???】
エントリーシートは、企業が用意したテーマについて、学生が限られた字数で自分なりの回答を伝えるというものです。
テーマは主に

「学生時代に頑張ってきたこと」


です。
他にも企業が用意した独特な質問がありますが、基本的にはこのテーマが主です。

インターンシップのエントリーシートで重要な点は、主に二点あります。
それは

1:結論ファースト、理由セカンド

2:PDCA

の2点です。
他にも沢山ありますが、まずはこれくらいで十分です。

【結論ファースト、理由セカンド】
これは「文章の最初に結論を、そしてその次に理由を書く」というものです。
もっと言うと、「言いたいことを最初に持ってくる」書き方です。
これは、文章を分かり易くするために必要なことです。

重要なのは「主旨をハッキリと伝えること」です。
皆さんもウダウダ前置きがあってから結論を言われても、何を言っているのか分かりせんし、正直ウザイですよね?(笑)
企業の人もウダウダ書いてある文章は読みたくありません、それ以外の仕事でも忙しいですからね。

【PDCA】
こちらはかなり重要なので、かなり長く行きます、ご覚悟をwww

例えば皆さん、次の文章を読んでみて下さい。
「私は学生時代に居酒屋のアルバイトを2年間頑張ってきました。また大学の授業もさぼらず、しっかりと勉強してきました。さらにテニスサークルでも一生懸命練習して、大会でも好成績を残せました」

皆さんはこの文章を読んで惹かれますか?
これは単なる事実の羅列に過ぎず、ほとんどの人が惹かれないでしょう。
彼が何を考えてアルバイトをしてきたのか、テニスサークルでどう頑張ってきたのか、そうした背景が全く見えないからです。
つまり、文章に厚み・深みがないのです。

エントリーシートに限らず、学生時代の経験をアピールする上で重要なのは、どれだけ多くのことをやってきたかでも、どれだけ大きなことを成し遂げてきたかでもありません。

「その活動の中で、何を考え、どう振る舞ってきたか」です。

例えば皆さんが企業の採用担当者であったとしましょう。
そこに二人の学生AさんとBさんから応募が来たとします。
彼らは共に旅行好きで「日本一周旅行」をアピールしたとします。
この時、Aさんは「頑張って日本一周旅行を達成しました!つらいときにも諦めずに頑張ってきました!」とアピールします。
対して、Bさんは「出発前にコースや泊まる宿、訪れる場所等をまとめて、スケジュール計画を立てて、実行に移していきました」とアピールします。

さて、皆さんならどちらの学生さんを採用したいですか?
企業の採用担当者は、確実にBさんを採用します。
仕事は根性論で突破できるほど甘いものではありません、一つずつ正確かつ迅速にプロセスを処理していくことが求められます。

「なぜそうした行動をとるのか?」「なぜその選択をしたのか?」

そうした「根拠」が仕事では求められます。

ビジネスはお金やリスクを伴うのだから、根拠も無く行動に移ることなど出来ません。

この「根拠」づけが「PDCA」という考え方です。

P:Plan(計画)

D:Do(行動)
C:Check(反省)
A:Action(改善)

から成り立っています。
エントリーシートはこの考え方が非常に重要です、逆に言えばこれがしっかりしていれば大抵の企業のエントリーシートは通過出来ます、これはリアルに本当です。
先の日本一周旅行では

P:旅行計画を立てた
D:実行した
C:途中でアクシデントなどがあった
A:その原因を分析し、対処した

こういった流れになります。
また、ここでも5W1Hの分析が重要になります。
P:これこれこういう旅行計画を立てた→WHY:何でそういった計画にした?
といった具合です。

ここではすべてを語り尽くせないので、今後に掲載していく実際のエントリーシートの回答例で勉強していって下さい。

では、次回は面接編になります。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。