ホーム > ブログ

【指南書5】面接は確認作業、大体の部分がエントリーシートで固まってしまうと心得よう。

2009 年 1 月 21 日

指南書4では、イメージし易いエントリーシートを書くことの重要性を書きました。
その重要性をもう一つ別の観点から語っておきましょう。

先にも書いたように、採用担当者は多忙です。
故にエントリーシートに割く時間も、面接に割く時間も多くはありません。
既にインターンシップの面接を受けた方もいらっしゃるかと思いますが、「たかだか1時間くらいで何が分かるんだ?」と思った方、いらっしゃいませんか?

それは、実は正しい見解です。
たかだか1時間では、ほとんど何も分かりません。
では、面接というのは一体、どういった場所なのでしょうか?

簡単に言えば、面接というのは「確認作業」の場です。
エントリーシートや履歴書に書かれた内容を「確認」するための場なのです。
これは何を意味するのでしょう?

つまるところ、履歴書やエントリーシートから得られた「第一印象」を、
面接を通して「確認」するのです。
故に、エントリーシートは面接官の中に「自分の第一印象」を植え付けることになります。

よって、エントリーシートはなるべく「自分の姿」を具体的に描写できるように
書くことが望ましいです。
ツッコミ誘導のために敢えて曖昧に書く場合でも、
ポジティブな曖昧さにすることが条件だったのは、そうした背景があるからです。
無意味に曖昧に書いても、興味は喚起できません。

またもう一つの観点を用意しておきましょう。
それは「採用担当者も企業の一員である」ということです。
これが意味するところは何でしょうか?

彼らにも上司という存在がいます。
採用担当者の上には人事部長が、その上にはさらに総務部長がいたりするわけです。
採用担当者が彼らの目を恐れるのは、人間心理として当然のことですよね?

となった時に、彼らの仕事は「人を採用すること」なわけです。
つまり、「とんでもなく凄い学生を採用するよりも、少し能力的には劣っても確実にウチに来てくれそうな学生を採用する」方に流れるわけです。

ここで、エントリーシートというのは非常に強烈な意味を持ってきます。
これが、そうした彼らの「第一印象」に繋がるわけですから、
相当気合いを入れないとNGになることはもうお分かりでしょう。
具体的に「おぉ、こいつは“確実に”ウチでやっていけそうだな」と思わせないと、
そもそもどうしようもないわけです。
とんでもなく凄そうだけど、学生像や過去の体験をイメージし難い学生は、
大抵の場合、エントリーシートで落ちます。
重要なのは、採用担当者も血の通った人間であり、
彼らの思いを慮ったエントリーシートで無ければ、
どんなに凄いインパクトを持つ経験でも意味がないということです。
彼らは採用マシンではありません。

具体的に伝えることには、凄く強い意味があるのです。

【参考エントリーシート】
ネスレ日本 エントリーシート

NEXT → 【指南書6】ネガティブな話はあまりしない方がよい、むしろそれを裏返してポジティブに。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。