ホーム > ブログ

【雑記】インターンシップは採用直結!?

2009 年 1 月 21 日

よく噂レベルで耳にしてきたのではないかと思います。

「インターンシップに参加することが採用に直結する」

確かに外資金融や広告代理店のように、「関係ありません」とは言うものの、先輩達の話を聴く上では実質的に採用直結に近い企業もあります。
では、ほかの世界ではどうなのでしょうか?

結論から言うと、

「採用と無関係ということはありません」

というレベルです。
よく考えれば分かることですが、経営資源を割くのに何もないわけがないのです。
準備にもかなりの時間をかけ、お金も割き、人手も動員し、物資も調達します。
それだけやって「学生のために!」と、まったく採用に繋げる気がない企業は、まさに本当に心から学生のためを思っている企業でしょう。

しかし悲しいかな、そんな企業は無いと思った方がよいでしょう。
もしそうならば、インターンシップの段階で選考を課すことすらしないでしょう。
あらゆる学生に機会を開放するはずです。

例を出しましょう。
僕は昨年、リクルートエージェントのインターンシップに参加しました。
これは採用直結ではありませんでしたが、

 ・インターン参加者のみの特別セミナーが開催された
 ・普通の学生はOB・OG訪問が出来ないが、インターン生は出来た
 ・社員と何度も飲み会に行けて、色々な話が訊けた

という特典的なものはありました。
僕はこうした公平じゃない特別扱いが大嫌いなので、飲み会にも特別セミナーにも行きませんでしたが・・・。
OB訪問はインターン前に行きました。
その後、僕がOB訪問をしたのを知った、知り合いの知り合いが会社にお願いをしたところ、「受け付けておりません」と返されました(実話です)

インターンシップに参加すると、こんな特別待遇になるわけですね。
目をつけた学生にはトコトンアプローチしてくるわけです。

もっとも、そのためには一つ、重要な点があります。
それは「インターンシップで抜きん出る必要がある」わけです。
やはり優秀な学生が欲しい企業は、抜きん出た学生に目をつけます。
積極的に動いていくことが鍵になります。

インターンシップで失敗しても本選考には参加できるわけですから、
トコトン前へ、前へ出ることをオススメします。
もちろん出過ぎだったり、空気を読まかったりするのは問題ですけどね・・・。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。