ホーム > ブログ

サイバードホールディングス ~選考編~

2009 年 1 月 21 日

最近、大学に缶詰です。
空き時間にこうしてパソコンをいじるのがセキのヤマでございます。

さて、今回はサイバードホールディングスの選考編です。
今年もインターンシップを行うことが決定したみたいですね、その参考ということで掲載します。

【企業紹介】
企業名:サイバードホールディングス
業種:モバイル関係のビジネス
特徴:JASDAQにスピード上場したことでも有名なサイバード。サービス自体は他社と比べてあまり知られていませんが、モバイル系ビジネスの先駆けとして活躍している企業です。案外社員数が少なくて驚いたのを覚えています。

【インターンシップ内容】
「モバイルビジネスの企画立案体験」
・・・だったかと思います。通過だけして、参加できていないので、詳細が記憶の片隅です・・・。
今年は以下のようになっています。

———-
体験職種 : モバイルビジネスプランナー
世の中のあらゆるリアルなライフシーン(例えば、ショッピング、学校、スポーツ、介護、旅行、パーティーなどなど…)に、モバイルの仕組みを導入し(「+(プラス)モバイル」し)、前例のない新しい仕組みを作り出す仕事。それがモバイルビジネスプランナーです。モバイルをフックにして、どのように新しい価値を世の中に生み出すのか・・その一端を体感して頂きます。

体験内容 :
今や日本の携帯電話の普及台数は、1億台以上。圧倒的なスピードでドラスティックに進化し続けているモバイルは、人々が抱くエモーションを瞬時に満たす事ができるツールとなり、人々の行動に変革を起こしています。
モバイルは今後もさらに進化し続け、人々の想像をはるかに超えたプラットフォームが誕生し、生活に必要なことが全てモバイルでまかなえる、そんな未来が必ず来るはずです。
サイバードが挑んでいること。それは、100年先の常識を創ること。
今回のプログラムでは、リアルビジネスを展開する様々な業界の企業のモバイル戦略を企画立案してもらいます。名実共にモバイル業界のリーディングカンパニーとして多くの大企業から、モバイルの戦略パートナーとして選ばれているサイバードが、モバイルの無限の可能性を皆さんにお伝えします。
グループワーク形式で進めますので、モバイル業界に関しての知識だけでなく、今後の就職活動を進めて頂く上で参考となるプログラムとなっています。
———-
(引用:リクナビ2010 インターン実施概要より
http://rikunabi2010.yahoo.co.jp/bin/KDBG00200.cgi?KOKYAKU_ID=6765697001 )

【選考内容】
プロセス:エントリーシート→参加内定
選考難易度:★★★☆☆

【エントリーシート】
これだけです、説明会などもありませんでした。
内容は

1:サイバードホールディングスのインターンシップに参加しよう!と思った理由をお答え下さい
(150文字程度)
2:現時点で、サイバードホールディングスでどんな仕事をしてみたいとイメージされていますか?
(150文字程度)
3:サイバードホールディングスを知ったきっかけを、簡単にお答えください。
(全角10文字以上250文字以下)

です。
それほどひねったものではないので、普通に答えれば問題なく通過するでしょう。
ちなみに昨年の内容は・・・

1:
【モバイルコンテンツの魅力】
もともとおせっかいで、人に凄く気を遣うため、人を楽しませるのが凄く好きです。懇親会などでも、自分よりも「誰か楽しめていない人はいないか・・・」と、つい周りに気を向けています。
そんな私にとって、手軽にハッピーを提供できるモバイルに魅力を感じます。いつでもどこでも持ち歩けるモバイルは、リアルの世界で、みんなで楽しめます。そんなモバイルビジネスについてもっと知りたいと思い応募しました。

2:
【モバイルコンテンツ企画に携わりたい】
やはり自分で考えたものを形にして、日本を楽しませるビジネスをしたいです。社会が必要とするもの、皆が欲しいと求めるものを世に出して、皆が仕事の合間、学校の休み時間などに楽しんでいる姿をイメージすると、本当に面白そうで遣り甲斐のある仕事だと感じます。
また、感性豊かな社員の方が多い職場であると感じています。だから自分を(特に企画や営業の点で)大きく成長させていきたいと思っています。

3:
最初は本で知りました。
「USEN宇野康秀×8人の若手経営者のリアルビジネス」
堀主知ロバート社長は、過去に様々な苦労をされ、そこから立ち直った、非常に努力畑の人だと感じました。
100年後のビジネスを作るという理念をはじめて聞いたときは、非常に共感しました。社員が変わっても、社長が変わっても、いつまでも日本・世界に影響を与え続けるベンチャーカンパニーであろうとする意欲の高さには、非常に惹かれます。是非社員の方にも、リアルで会ってみたいです。

いまから思うと、
「よくまぁ、こんなエントリーシートで通過したな・・・」と思うようなこと書いてますが・・・。
「携帯電話の特性を活かしたビジネス企画をしてみたい」というところは貫いているので、ある程度社員さんが寛容に採用してくれたと思ってます。

3だけ少し特殊で、本です。
別にこのために本をわざわざ読んだのではなく、単に宇野社長が好きで本を買いまくっていて、その中にたまたまサイバードの記事があったというだけのことです。
このキッカケは別に何でもよいのでは、と終わった後では思います。
重要なのは、このキッカケから「会社に対してどういうイメージを持ったか」だと思います。
単にキッカケだけ書いて終わるのではなく、主観でもいいから会社への興味を伝えることが重要でしょう。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。