ホーム > ブログ

【雑記】 「学歴不問」、実はウソ?

2009 年 1 月 21 日

大体の企業は「学歴不問」と謳っています。

さて、これを信じるべきか、信じないべきか?

結論から言ってしまうと、あらゆる企業が学歴不問かと言うと厳密にはNOです。

大手企業になればなるほど、ウェブテストや筆記試験を課すことを考えれば、

ある程度の学歴は加味されていると考えるのが妥当です。

大学受験で足きりってありましたけど、あれと同じ感覚ですね。

大量の就職活動生を相手にするのは時間的にも体力的にも厳しいから、

エントリーシートとウェブテストなんかで、一気に絞り込もうという考えです。

ベンチャーは筆記試験を課すところはあっても、それほど学力の方は見ていません。

ベンチャーの世界は変化とスピードが速く、特にインターネット系の世界では昨日までの考え方が明日紙くずになるなんてこと、ザラに起こります。

そうした中でも貪欲に新たなものにぶつかり、吸収していける柔軟性の方が重要なわけです。

学力なんて別に無くても、要はキャッチアップできる力があれば問題ないわけです。

そしてそれはむしろ、学歴や大学の成績からは見えにくいものです。

(キャッチアップなんて必要ないですからね、いまの大学の教育ってほとんど・・・)

大手はどうでしょうか?

大体の大手企業は筆記試験やウェブテストを課します。

もちろん大体が足きりのためです。

中学生でもよく考えれば解ける問題がほとんどなので、別段問題視する必要はないのかもしれませんが、けっこう曲者な問題も多く出題されます。

やはり、元々学歴のある大学の人が有利になるようにはできています。

では、じゃあ学歴で負けているからといって、大手に入ることはできないのか?

企業はそこまで不公平じゃありません。

というか、そこまで学歴至上主義で一様な人間ばかり集めていたら、いつか必ず硬直して発展できなくなってしまいます。

企業には多種多様な人が必要なのです。

故に、様々な大学から人を集めようとします。

ただもちろん枠は狭いというつらさはあります、やはり相対的に高学歴な大学には優秀な学生が多いからです。

しかし、中には学歴至上主義な会社ももちろんあります。

とある人事さんはこんな風に言っていました。

「うちは東京六大学クラスから少人数しか採用しないんだ。

これからは地方の国立大学での説明会を増やしたいんだけど、

いかんせん難しいんだよね」

(某不動産ディベロッパーの人事さん)

要は高学歴層以外はいらない、ということです。

中にはこんな会社もありますが、やはりホームページなどには「学歴不問」とあります。

裏を知らないと、就職活動生が時間を無駄にすることになりかねないため、いっそのこと「うちは高学歴しかとりません」「うちはMARCH以上からしか採用しません」とか、書いてくれればいいのに、と思ったりもします。

大学の成績は問わず、でも勉強はできないとNG。

これが大手の傾向ではないでしょうか。

逆に言えば、しっかり勉強すれば問題ないわけです。

筆記試験なんて勉強すれば誰でも点が取れる問題しか出ませんから、面接やエントリーシートを突破するよりもはるかに楽です。

1週間も勉強をすれば問題ないレベルですので、サボらずやっておきましょう・・・、とサボってきた人間が言うのも説得力が無いですが・・・。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。