ホーム > ブログ

【雑記】留年は現役よりも就職活動で不利?

2009 年 1 月 21 日

実際に留年生ですので、ある程度は実感します、この問題。

留年は就職活動において不利になるのか?

留年生は、それほど多くないと思うので、

別段、気にしている人の方が少ないとは思いますが・・・。

結論から言ってしまうと

「一留は別に問題無いですが、二留からはけっこう不利になるかと思います」

といった印象です。

09卒として去年、一留で就職活動をしていました。

留年の理由を聞かれた企業は、実は数社もありませんでした。

ほぼ0と言っていいでしょう。

とある人事さんなんかに聴くと、

「留年するに値するだけの何かがあれば、別に問題視しないよ。

むしろ普通の学生生活を送ってきた人よりも面白いよね?

俺も一浪一流だし(笑)」

(某人材サービス会社人事さん)

「俺も留年だけど、一留くらいがちょうどいいって(笑)」

(某人材紹介会社人事さん)

らしいです。

まぁ、お二人とも勿論、冗談半分なんでしょうけど、でも普通に人気企業でも、

当たり前に留年生っているらしいですよ。

ただ、二留となると、話が変わってくる感じです。

どうやら「流石に2年となると、成績不良じゃなくても気になる・・・」という心理らしく、

それ相応の理由が無いと、ここだけで落とすことも稀ではなくなるとか・・・。

また業界によっても捉え方が違うようです。

あくまでも経験則なんですが、

インターネット業界等は、「できる人間なら別にいい」といったスタンスが強いのに対し、

メーカーなどは逆に結構拘る感じかな、って思います。

ちなみに、浪人はそもそも問題視されないと見ていいでしょう。

浪人生は普通にいるというのもそうですが、大学時代を重視する傾向にあるからでしょう。

「4年も昔のことをウダウダ訊くくらいだったら」といった感じではないかと思います。

となると、現役で大学に入ってストレートで卒業をする就職活動生と、

一浪一留で大学を卒業する就職活動生の間に、さしたる差はないのではないかと思います。

むしろ、留年してまで何かをやっていた学生の方が、人間的に面白い人が多いです、個人的にも。

(もちろん、成績不振で留年したとかは、人事も流石に別に捉えますけど・・・)

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。