ホーム > ブログ

JPモルガン エントリーシート

2009 年 1 月 21 日

本日3連投ですwww
いやはや、就活時代よりも就活してますわ(笑)

今回はJPモルガンのエントリーシートです。
https://saiyo.axol.jp/09s/jpmorgan/mypage/
そろそろ僕も金融業界に慣れてきました、といっても証券会社くらいですが(苦笑)
保険とかはまだまだNGですわww
今までの外資金融とはちょっと変えて、アセット・マネジメント部門の志望です。
(他は投資銀行部門や調査部門が多かったので・・・)
ちなみに、〆切は「6月30日」です。

【課題内容】
1:金融業界およびJPモルガンを志望される理由をご記入ください(全角 500 文字以内)
2:応募コースへ応募された理由をご記入ください(全角 500 文字以内)
3:自己PR・その他特記事項などをご記入ください(全角500文字以内)

【記入例】
1:
顧客と対話を通じて長期的な信頼関係を築いていける仕事、その下で顧客のパートナーとして二人三脚で取り組んでいける仕事に惹かれているからです。
学生時代、ビジネスコンテストに数度参加したことがあります。その中から自分が感じたのは「相手のニーズを捉えて、その思いを形にする仕事がしたい」という思いでした。インターネット隆盛の時代、生まれる企画の殆どは安易に広告収入に頼った発展性の無い自己満足的なビジネスモデルばかりでした。
またそれらを含めた大学時代の活動(ゼミや学生団体のミーティング等)の中で、私は常に全体を俯瞰して客観的に状況を分析したり、盲点となっている新たな観点を提供してミーティングにおける閉塞感を打破したりしてきました。客観的・論理的思考を活かしてメンバーの気付きや成長を下支えすることが、性格的にも能力的にも私の最大の強みでした。その強みを活かしていける仕事に、将来は携わりたいと思っています。
市場動向と売買のタイミングを見抜くマーケティング、高度な専門的領域において相手のニーズを的確に把握するコミュニケーションといった、自身が望む、そして強みを活かして働ける環境に強く惹かれています。
(498文字)

2:
アセット・マネジメント部門の仕事を経験しつつ、金融業界を包括的に学びたいと考えているからです。
志望理由に合致する仕事として、機関投資家から個人資産家まで様々な人へ、彼らのニーズに合った資産運用サービスを多岐に渡るサービス群から分析・選定して紹介するアセット・マネジメントの仕事に惹かれています。各々の顧客のニーズや市場動向など、変化の激しい世界において常に相手の満足を実現するだけの提案をするというプレッシャーや責任感の大きさも痛感します。しかしそれ以上に、自身の提案を通じて長期的に信頼関係を築いていける仕事に大きな魅力を感じています。
また、この世界が最も自分の強みを活かし、また磨けると思っており、その点でも惹かれています。客観的な視点から物事を多面的に見ることが得意な自分は、その利点を活かした営業として活躍していきたいと思っています。世の潮流等に流されることの多い昨今の投資状況に際して、常に第三者視点で冷静に運用戦略を提案していけるプロになりたいと思っています。
このインターンシップを通して、金融業界の基本を包括的に学び、仕事のポジティブな面もネガティブな面も体感したいと思っています。
(498文字)

3:
どんな小さなことにも泥臭くなれるのが私の特徴です。
大学2年時、裸一貫で東京から京都まで自転車旅行をしました。敢えて計画を立てず、旅先でお金を貯めて必要な物資を調達したり、行く先々の民家に交渉して泊めてもらったりする原始的なものでした。
その道中で、資金と寝床のために、長野県のとある商店街の八百屋にお世話になりました。そこでしばらく過ごしたある日、私は1つ69円のトマトを不注意から潰してしまいました。その場は特に何も無く収まったのですが、その夜、私はおじさんに徹底的に叱られました。店長はトマト1つの購入・運搬・準備に多くの時間を割き、興味を示したお客様に売り込み、それでも購入してもらえないかもしれません。八百屋の商売は、野菜が売れなければ、生活の糧が手に入らないことを意味します。企業組織は失敗に対してある程度の寛容を示すことが多いですが、八百屋は1日の売上が自分の生活に直結します。それに気付かずに、心のどこかで「潰したといっても69円」と思っていた自分が、凄く恥ずかしくなりました。
それ以降、内容に関わらず、どんなことにも徹底的に泥臭く取り組む姿勢を意識的に心掛けるようになりました。
(496文字)

【前提】
基本的なエントリーシートの書き方は下記アドレスに譲ります。

【インターンシップ用のエントリーシート対策】
http://ameblo.jp/dachinco-intern/entry-100896474

エントリーシートは基本的に
 ・文字数を考えずに、とりあえず書いてみる
 ・文字数を調整するために、伝えたい内容に優先順位をつける
 ・単語や内容を削って少しずつ文字数を少なくしていく
といった流れで書くのがオススメです。
最初から書きたいことを絞る書き方はあまりオススメできません、文字数に縛られたエントリーシートは、大体無理が生まれてしまいます。

【1:志望理由】
ちょっと厄介なことに「業界・企業志望理由」と「インターンシップの志望理由」が別れているパターンです。
業界・企業志望理由はそのままで良いですが、後者が困るところですね。
インターンシップ志望理由は「職種における働き方」にフォーカスするのが基本です。
(どっかに書いた記憶がありますが・・・)

構造としては
 ・金融業界への憧れ(50~100文字くらい)
 ・キッカケ1:ビジコンの思いから出る業界への志望(100~150文字くらい)
 ・キッカケ2:強みから出る業界への志望(100~150文字くらい)
 ・まとめ:キッカケ1とキッカケ2のリンク(100文字くらい)
です。

「業界よりの視点」と「自分よりの視点」を二つ提示して、それを最後に擦り合わせたエントリーシートです。
志望動機において重要なのは、やはり「動機を持つに至ったキッカケ」が、いかに説得性があるかだと思います。
一般的に金融業界に憧れる人は多いですけど、証券会社は彼らの憧れが体現されただけの華やかな世界ではありません、競争の激しいヒィヒィ言う世界です。
ですので、エントリーシート段階での志望動機の説得性はかなり要求される気がします。

ここでは、
「業界よりの視点」では、「自己満足的な視点を嫌う自分」を演出し、
「自分よりの視点」では、「縁の下の力持ち的な仕事」を演出しました。
学生がよく使いたがる表現である「グローバル」「世界で活躍したい」といった面ではなく、むしろクライアントに対して泥臭くなれる自分を伝えることを念頭に置きました。
余談ですが、「グローバル」とか「世界で活躍」とかの表現は、よほど学生時代の経験に説得性が無い限り(例えば、留学していたとかバックパッカーだったとか研究内容がそっち方面だったとか)、あまり書かない方が良いのではないかと感じます。
これはあくまでも、僕の経験則に過ぎませんが・・・。
むしろ、どんな企業でも求めているのは、「きちんと仕事をこなせる人間」です。
仕事の規模なんて関係ありません、企業自体はグローバルでも、やる仕事は一人の個人資産家への提案かもしれませんよね。
そういうことです。

【2:コース志望理由】
今回はアセット・マネジメント部門です。
金融商品の開発・提案、市場・経済状況の調査・分析、資産運用状況の管理などが主な仕事になるでしょうか。
クライアントは機関投資家か個人の資産家ですね、彼らと長期的なリレーションを構築・維持していく仕事です。
設問1の志望動機の冒頭で「顧客と対話を通じて~」と言っているので、それとリンクする部門を選びました。

構造としては、
 ・志望理由を端的に(50文字くらい)
 ・アセット・マネジメント業務への好奇(150~200文字くらい)
 ・アセット・マネジメント業務への強み(150~200文字くらい)
 ・志望理由を端的に今一度(50文字くらい)

全体として、インターンシップの志望理由ではなく、むしろ「アセット・マネジメント職として働くことを志望する理由」になっています。
理由は簡単で、そう書くことが人事には刺さると思っているからです。
インターンシップの志望動機として、個人的に禁句だと思っているのが
 ・単に「仕事のことを理解したいです」とだけ書くこと
です。
それで通るエントリーシートもあるんですけど、やはり人気企業になればなるほど、また採用に直結する企業ほど、落ちる確率がグングン上がります。
「仕事を理解したい」と書く場合には、必ず「仕事内容について触れましょう」。
勉強しているところを見せないと、説得性がありませんし、「インターンに参加させても何にもならないな」と思われて終わりです。

職種への志望動機を書くことで、インターンシップへの積極性をアピールします。
アセット・マネジメント業務は結構特殊ですから、案外書き易いのではないでしょうか。
かなり包括的に業界に係わる仕事ですから。
勿論、営業なのかオペレーターなのか、その中でも違いはありますけど、基本的にその違いを明確に捉えて志望動機としてアピールすればよいでしょう。
僕はここでは、営業を志望することをさりげなく書いてあります。
大体ホームページに部門における職種の違いは書いてあるので、それを参考にしましょう。

【3:自己PR】
おきまりのエピソードですいません(笑)
華やかな世界だからこそ、こういったものをPRしたくなるんですよね。

構造としては、
 ・特徴を端的に(30文字くらい)
 ・経験1:自転車旅行の概要(50~100文字くらい)
 ・経験2:トマト事件と学んだこと(250~300文字くらい)
 ・特徴:事件以降の心掛け(50文字くらい)

基本的なPRと変わりません。
何度も書きましたが、強みや学生時代のPRはPDCAですので、それに基づいて体験内容を構造化すれば問題ないでしょう。
業界に応じて、単語・文章レベルで表現を変えることで、より説得性が出ますので、そういった細かい部分も注意しましょう
(例えば、金融やコンサルは知性味、広告等はクリエイティブ性などです)

自己PRは各々の学生で語りたいことが違うと思いますので、あまり細かいことを書かないでおきますね(縛られると困ってしまうので・・・)

頑張って下さい☆

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。