ホーム > ブログ

NTTドコモ エントリーシート

2009 年 1 月 21 日

蒸し暑いです。
「開口一番なんだ」といった感じですが(笑)、洗濯も面倒臭いことこの上ないっす・・・。

さてさて、NTTドコモのエントリーシートです。
https://web.dware2.jp/ja/nttdocomo_internship/

ソフトバンクの台頭でその地位を脅かされていますけど、まだシェアは50%を超えるモンスター企業。
NTT系列のシェアが50%を割ることはないと言われていますが・・・。
今回のエントリーシートは、少しレベルを落として落ち着かせてみました(通過と落選の境をしるためのエントリーシートです)
受付開始は「6月27日」、〆切は「7月8日」です。

【課題内容】
1:応募理由(300文字以内)
2:これまでに成し遂げたこと、一番頑張ったこと(300文字以内)
3:あなたの考える携帯電話を使った新しいサービスまたはシステム(300文字以内)

【記入例】
1:
モバイルビジネスに興味があり、実際の仕事を理解・体感してみたいからです。
学生時代、モバイルコンテンツの新規事業を立案するビジネスコンテストに参加しました。そこで携帯電話の可能性に強く惹かれました。誰もが持ち歩く携帯性、周囲を巻き込み易い波及性などといったメディア自体の特性に魅力を感じています。
そこから、将来はモバイルを通した社会の仕組みづくりに関わりたいと思っています。モバイルスイカのように、携帯電話は社会により良い価値を提供できる魅力に溢れた世界だと感じています(パスモの売切れが社会問題化したことが好例です)。是非、この世界のビジネスを肌で感じてみたいと思っています。
(289文字)

2:
大学内の情報系チューターのアルバイトです。主な仕事は、情報系講義の教授のサポートやパソコン室の開放利用時間の管理や環境整備等です。最も力を入れたのは、50人超の組織の改革を行ったことです。
例えば2年目のある日、後輩から「やる気が出ない」といった相談を受けました。その原因が古参との交流やスキルレベルの差にあると知った私は、先輩・同輩らに協力を仰いでチームを立ち上げました。チューター間の交流用サイトの立ち上げ、勉強会開催等によってスキルアップや交流を促し、また後輩の潜在的ニーズを汲み取ってメンター制度を整備したりしました。今でもこの組織体制が機能しており、今年で3年目になります。
(291文字)

3:
モバイルスイカと家計簿を連動させたサービスです。
モバイルスイカには「通勤や買い物を手軽に行える」というメリットと、「データで買い物するため金銭的間隔が鈍る」というデメリットがあります。
そこで、携帯電話内に利用総額データを蓄積し、パソコンに繋ぐことで専用家計簿ソフトにデータを一括転送できるサービスを提案します。週間・月間で利用額を管理して前月比等のデータを算出することで、目に見えない消費も含めた、より詳細に渡る家計管理を可能にします。
また、サイトを通じてチャージも出来るようにすることで、その手間やチャージし忘れによる弊害等も軽減し、加えて家計簿管理も平易になると考えられます。
(290文字)

【前提】
基本的なエントリーシートの書き方は下記アドレスに譲ります。

【インターンシップ用のエントリーシート対策】
http://ameblo.jp/dachinco-intern/entry-100896474

エントリーシートは基本的に
 ・文字数を考えずに、とりあえず書いてみる
 ・文字数を調整するために、伝えたい内容に優先順位をつける
 ・単語や内容を削って少しずつ文字数を少なくしていく
といった流れで書くのがオススメです。
最初から書きたいことを絞る書き方はあまりオススメできません、文字数に縛られたエントリーシートは、大体無理が生まれてしまいます。

【1:応募理由】
構造としては
 ・端的に応募動機(50文字くらい)
 ・経験から感じた携帯への興味(100~150文字くらい)
 ・携帯ビジネスへの思い(100~150文字くらい)
となっています。

携帯電話は大学生には身近ですので、それを軸にすれば書き易いのではないでしょうか。
「誰もが手放せないほど身近なものになっています」といった感じの観点から、
携帯ビジネスの魅力を語ることは出来るでしょう。
僕は携帯電話を持ったのが大学3年の春と、とてつもない流行ズレした人間なので(笑)、携帯電話は無くても生活に支障はないので書けませんでしたが・・・www

ただ、身近なツールである分、他の学生との差別化が難しいかもしれません。
携帯電話は「ビジネス的観点から見て」どんな魅力のあるツールなのか、それを考えてみるのがよいかと思います。

【2:これまでに成し遂げたこと】
構造としては
 ・成し遂げたことの概要(100文字くらい)
 ・その具体的内容(200文字くらい)

結構手抜きな感じで書きました(笑)
「この程度でもおそらく通過するんじゃないか?」という試験的エントリーシートです。
50人超の組織は別に大きくないですし、やったことも別段大したこともありません。
要はリアルに「PDCAのみ」でアピールしています。
その結果、組織内には今でも自分の考案した組織体制が継続されているという影響性に繋げています。

余談ですが、よく「アルバイト経験は自己PRにし難い」という話を耳にします。
結論から言うと、「そんなことはまったくありません」
管理人自身、まさにここで書いた学内アルバイト経験で、外資系コンサルティングファームから内定を頂きました。
「アルバイトしかやってないけど・・・」という方は、それほど悲観せず、むしろそのアルバイトにより力を入れて取り組めば大丈夫でしょう。

【3:携帯電話の新サービス】
構造としては
 ・サービス内容の概略(20文字くらい)
 ・携帯電話(モバイルスイカ)のメリットとデメリット(50~100文字くらい)
 ・サービスの具体的内容(150~200文字くらい)

心掛けるべきことは、
「NTTドコモ」というキャリアが提供するサービスであるという点
だと考えられます。
いわゆるネットメディア(ミクシィやモバゲー)ではなく、世の中のインフラ的なサービスを提案する方が無難でしょう。
とかいいつつ、僕はどちらかと言うと、コンテンツ系統と繋がり易いサービスを提案していますが。

他にも色々と考えることが出来るでしょう。
 ・モバイルスイカを使って買い物以外にも何かが出来るようにする
 ・個人の医療データを携帯電話に保存しておき、どこへも持ち歩ける
 ・カメラで撮った食品のカロリーなどが自動計算できる

勝手に思うポイントとしては、やはり
 ・携帯の即効性(すぐに使えて、すぐに効果が出る)
 ・携帯性(ほぼ誰もが持っている)
 ・波及性(周囲を巻き込み易い)
 ・収集性(カメラや録音機能)
など、携帯特有の機能から考えると良いかもしれません。
携帯やドコモといった枠を取っ払って、ニーズや悩みに携帯というツールを当てはめてもよいでしょう。

  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • 「体力だけ」と思われないために…就活で体育会での経験をどうアピー…
  • 女性が多い百貨店の職場。男性には大変?それとも…?
  • 地図に残る仕事の魅力、建設業の現場管理とは?
  • コメントは受け付けていません。