ホーム > ブログ

日興シティ・グループ証券 エントリーシート

2009 年 1 月 21 日

現在、深夜の3時前です。
我ながら平均睡眠時間が3時間なことに、リアルに驚く(苦笑)
いろいろと不健康の極みを体験しまくってますわw

さて、今日は日興シティ・グループ証券のエントリーシートです。
https://saiyo.axol.jp/09s/nikkocitigroup_s/mypage/

金融系はあまり得意ではないのですが、まぁウダウダ言っていても始まりません。
〆切はまってくれないのですからね~。

今回は「投資銀行部門」を希望している設定です。
少し特殊な内容になってしまったので、あまり参考にならないかもしれません・・・。
〆切は「7月10日」です、僕の誕生日です(笑)

【課題内容】
1:参加を希望する理由をお書き下さい(全角 400 文字以内)
2:最近のニュースの中で興味のあるものを一つあげ、その理由を具体的に説明してください(全角 200 文字以内)
3:ご自身の成功体験についてお書き下さい(全角 400 文字以内)
4:卒業までに成し遂げたいことをお書き下さい(全角 400 文字以内)

【記入例】
1:
投資銀行部門で働くことの魅力ややり甲斐に加えて、仕事の本質や覚悟すべきことを学びたいからです。
私は学生時代、ビジネスコンテストへ参加したり起業した友人を支援したりした経験から、人々や企業の成長を支えられる仕事がしたいと思っています。その中でも特に社会貢献度が高い投資銀行業務に惹かれています。
企業はいくら素晴らしい事業を行っていても、ファイナンス部分が円滑かつ順調に回らなければ財務破綻や非合理的な経費削減等を誘発してしまいます。特に日本企業はリストラ等の表面的解決策を講じる傾向にあり、根本的な財務管理がまだまだ手薄であると感じます。
効率的な資本調達や経営資源の再配分、さらには合併・買収戦略のアドバイザーとして機能する投資銀行部門は、最も自分が望む働き方が出来る世界であると感じています。その世界のポジティブな面もネガティブな面も体得したいと思い、応募させて頂きました。
(387文字)

2:
グーグルとヤフーの提携です。理由は、その方向性が未知数だからです。
両者はインターネット広告の領域で提携するようです。マイクロソフトが自社メディア部門の強化だけを目的に買収を提案した反面、グーグルはヤフーと一定の距離を置く協調姿勢を示しました。しかし、グローバルでのユーザーニーズはグーグルが加速度的に上昇しており、グーグルが提携するメリットが正直見えませんでした。故に、今後の動向に注目しています。
(199文字)

3:
教授の授業補助等を行う学内情報システムのチューターアルバイトでの経験で、50人規模の組織の活性化を実現したことです。
2年目、後輩から「辞めたい」という相談を受けました。私は「古参メンバーとのスキルの差から、組織への貢献が実感できていない」という仮説を立て、新メンバーに話を訊きました。そして仮説が組織レベルで蔓延していることを痛感しました。
そこで先輩等とチームを結成し、「組織内交流サイトの構築」「成果を認め合う文化の醸成」「新メンバーにやり甲斐のある仕事を振る」という対策を講じました。それによって仕事のやり甲斐アップとスキルアップを図りました。
しかし最初は巧く回りませんでした。急なタスクの増加から、スキル面でパンクする人が続出したのです。そこで古参が新メンバーをサポートするメンター制度を整備、個々にサポートをしました。その後は徐々に成果が現れ、組織全体に交流と活気をもたらすことが出来ました。
(400文字)

4:
自身が運営するブログのページビューを10万に、そしてアフィリエイトによる月間収入を10万円にすることです。
今年度の6月から就職活動支援のブログを企画運営しています。最初は「1ヶ月でページビュー1万」を目標にしており、達成することが出来ました。いまの時期に学生が必要とする情報は何かを徹底的に分析するコンテンツ作りと、ユーザーの使い易さに配慮するサイト作りの2点を念頭に置きつつ、成果を上げてきました。
しかし、やはりまだコンテンツの力に頼りがちで、マーケティング部分が弱いです。さらなる成長のためには、単にコンテンツという力技だけでは不十分です。アフィリエイトはサイト構造や行動心理等まで読み解く必要があるので、楽しさもある反面、それ相応の高度な専門的知識や分析力が要求されます。
今後はコンテンツ力を磨きつつも、サイト上の人間の動きを読む洞察力も研鑽し、目標達成に向けてより一層の努力を重ねる所存です。
(400文字)

【前提】
基本的なエントリーシートの書き方は下記アドレスに譲ります。

【インターンシップ用のエントリーシート対策】
http://ameblo.jp/dachinco-intern/entry-100896474

エントリーシートは基本的に
 ・文字数を考えずに、とりあえず書いてみる
 ・文字数を調整するために、伝えたい内容に優先順位をつける
 ・単語や内容を削って少しずつ文字数を少なくしていく
といった流れで書くのがオススメです。
最初から書きたいことを絞る書き方はあまりオススメできません、文字数に縛られたエントリーシートは、大体無理が生まれてしまいます。

【1:志望動機】
最初に、構造としては
 ・簡潔な理由(50文字くらい)
 ・キッカケとなった経験(100文字くらい)
 ・仕事に対する魅力のためのレバレッジ(100~150文字くらい)
 ・仕事に対する魅力(100~150文字くらい)

前二つは、普通に投資銀行業務に繋がる思いが生まれた過程です。
起業とかビジコンとか格好つけやがっている言葉を使ってますけど、別にそんな経験をわざわざする必要はありません(下手をすると、むしろ頭でっかちな印象すら持たれます)
普通に学校の勉強とかで問題有りません、ですので経済系の人は楽ではないかと思います。
(むしろもっとスマートに書いちゃって下さい)

ただ、この2つめの「キッカケ」だけですと弱いので、
仕事の中身を強くアピールしたいと思いました。
専門性の高い世界ですので、やはり志望動機にもある程度は業務内容等を盛り込みたいですね。
ITとかは業界柄、入社時の知識とか適性をあまり求めませんけど、金融業界は仕事理解レベルを他業界よりも高く要求する印象がありました。

よって、企業経営の問題点をここで挙げました。
自身の望む「社会貢献度の高さ」を前に出さないと一貫性も出ないと思ったので、企業貢献を軸にした投資銀行志望を演出しています。
学科も人文系なんで、やはり仕事理解度で熱意をアピールしたいというのもありましたね、「こいつ文学系で、何で金融志望なんだ?」というのは確実にありますしね・・・。
金融業界は特に志望動機を突っ込まれることで有名です。

【2:最近のニュース】
ここでは敢えてグーグルとヤフーを取り上げました。
おそらく金融系ということで、最近ですと
 ・サブプライム
 ・年金問題
等の金融関係の大きな問題点で論じる人が多いのではないかと思いました。
ただ、自分の「らしさ」はそこには無いので(4の卒業までにやりたいこと参照)、敢えてネットのホットな話題を取り上げました。

ここでは敢えて誇張して語っています。
方向性は少し見えています、しかし確実性が無いので未知数と言っているだけです。
なぜ敢えてそう語っているのか、理由は「200文字という少ない字数の中でインパクトを与えるには、敢えて0か100の立場を取る方が良い」という経験則があるからです。
ここでは「グーグルの強さ」と「提携の不透明性」を強調しています。

【3:成功体験】
基本はもうお分かりですよね?
そう、PDCAです!
構造はもちろん、
 ・成功体験を一言で(50文字くらい)
 ・P:仮説検証(100文字くらい)
 ・D:実際の解決案検討と行動(100文字くらい)
 ・C:反省と改善案検討(100文字くらい)
 ・A:改善案実行と結果(100文字くらい)

50人規模という数字を出すつもりはなかったのですが(というのも、これが多いのか少ないのか微妙なため)、まぁ別に気にならないと思ったのでそのままです。
400文字しか無い中で4項目語る構造にしたので、「具体例」だけで話を作ってあります。
基本的に抽象的な話は、
 ・必要文字数が多い場合の「話の膨らまし」か、
 ・必要文字数が少ない時の「表現の簡潔化」か、
どちらかのケースでのみ使う感じで丁度良いです。
人事にしっかりと内容をイメージしてもらうことが大事ですので、やはり具体性というのは凄く大事になってきます。
(逆に、1の志望動機は語れる文字数が少ないので抽象的な表現も混ぜている例です)

【4:卒業までに成し遂げたいこと】
2でグーグルとヤフーの話をしてしまいましたw
それ以外をすべて普通の学生生活や金融話で固めてしまうと、「ん、なんでここ(2)だけ?」と思われることも考えられるので、ここで敢えてネットの話を持ってきました。
問題は専門用語ですが、今回は理解してくれるということを暗黙の前提として期待して書きました、理由は簡単で「字数がギリギリだから」です。
物理的な限界はどうしようもありませんからね・・・。

さて。
構造としては
 ・目標を具体的に(50文字くらい)
 ・現状分析とサイトづくりの方法論
 ・欠点と必要な要素の分析

やはり基本的にはPDCAです。
2段階目で「目的意識、目標の重要性」をアピールしつつ、そこに向かってテンションではなく論理的に努力できる面を打ち出しています。
3段階目で、自身の欠点を認めることで謙虚さを出しつつ、現状を分析して対案を講じることが出来るロジカルさと分析力も演出するという欲張りな性格ですwww
個人的に意図しているのは「ロジカルさ・分析力」だけですけどね、「これもさりげなく感得してくれればいいなぁ」程度です。

・・・このネタがホントに受けがいいのか知りませんがね・・・(苦笑)
(おそらく7割で「あんまり・・・」かとwww)

  • うまく答えられない!多くの就活生が嫌がる圧迫面接の意図と対処法
  • 「スゴイ経験」は必要ない!就活でアルバイト経験をPRする時に最も…
  • 経験を話すだけ、長所を伝えるだけではダメ?差がつく自己PRの作り…
  • 意外と深いSPIの注意点。面接との一貫性を持たせよう
  • 就活の基礎⑩企業研究、ミーハー学生にならないように【就活ゼミコラ…
  • 【通過ES事例】「人とつながり」をテーマにした自己PR例(機械メ…
  • 【通過ES事例】あなたの強みを教えてください(金融業界)
  • コメントは受け付けていません。